PR

「iCloudのパスワードが指定されていません」エラーへの対処法とは?メール問題を解決するステップをご紹介!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

iPhoneを使用している一部のユーザーは、iCloud.com経由でメールを送信しようとする際、「iCloudのパスワードが指定されていません」という通知に遭遇することがあります。

この問題が発生すると、「メールを取得できません。

iCloudのパスワードが指定されていません。

メールアカウント設定でパスワードを設定してください」というメッセージが表示されます。

では、このような場合、どのように対処すればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

「iCloudのパスワードが指定されていません」というエラーが出た際の対処策

iPhoneを使っていると、特にiCloud.comからメールを送信しようとした際に「iCloudのパスワードが指定されていません」というエラーメッセージが表示されることがあります。

このエラーは、iCloudメール設定にパスワードが登録されていないことが一般的な原因です。

この問題に対処するためには、iPhoneのホーム画面から「設定」に進み、「[ユーザー名]」>「iCloud」を選択し、「メール」をオンにするという手順に従います。

その後、画面に表示される指示に従ってパスワードを設定してください。

iCloudメールを使用中には、Appleサーバーのトラブル、宛先のメールアドレスの誤入力、インターネット接続の問題、またはiCloudメールの送信制限を超えるなど、他にもいくつかの問題が発生することがあります。

スポンサーリンク

iCloudパスワードを忘れた場合のリセット方法

iCloudパスワードを忘れた際の再設定手順は以下の通りです。

1. Apple IDの管理ページ(https://appleid.apple.com/)へアクセスしてください。

2. 「ログイン」ボタンをクリックしてログイン画面に進みます。

3. 「Apple IDやパスワードを忘れた場合」のオプションを選びます。

4. ご自身のApple IDを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

5. 「パスワードを再設定」を選択してください。

6. パスワード再設定方法を選び、「次へ」ボタンをクリックします。

選択肢は以下の二つです。

メールを使用したリセット:指示に従って操作を進めてください。

セキュリティ質問によるリセット:生年月日を入力し、表示される質問に答えます。

スポンサーリンク

iCloudパスワードを変更したい時の方法

iCloudパスワードを変更する手順は以下の通りです。

1. お使いのデバイスで「設定」アプリを開きます。

2. 画面上部にあるアカウント名をタップします。

3. 「パスワードとセキュリティ」を選択してください。

4. 「パスワードを更新」をタップします。

5. デバイスのパスコードを入力した後、新しいパスワードを設定する画面が表示されますので、新しいパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

iCloudとiCloudパスワードについて

iCloudはAppleが提供するクラウドストレージサービスで、ユーザーが写真やメモ、ファイル、パスワードなどのデータをインターネット上で安全に保存できるように設計されています。

また、iPhoneやiPadのデータをバックアップする手段としても利用されます。

iCloudアカウントを使用するには、Apple IDの登録が必要です。

iCloudパスワードはAppleの様々なサービスへのアクセスに必要で、App StoreやApple Musicでの使用が主な目的です。

iCloudメールにはいくつかの制限があります。

具体的には、1日に送れるメールは最大1000通、異なる宛先へのメール送信も1日に1000人まで、そして1通のメールに添付できるファイルのサイズは最大で20MBです。

タイトルとURLをコピーしました