PR

基本の下処理で実現する柔らかい豚ヒレブロックの作り方とは?

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

豚ヒレブロックは高級部位として知られ、その赤身の豊かさと柔らかさが特徴です。

ただし、脂身が豊富な豚バラなどと比べると、柔らかさには若干の違いがあります。

そこで、豚ヒレブロックをさらに柔らかく仕上げる方法をご紹介します。

この方法をマスターすれば、トンカツだけでなく、さまざまな料理に応用できます。

この記事では、豚ヒレブロックをより柔らかくするためのテクニックと、下処理や調理時の重要なポイントを詳しく解説します。

スポンサーリンク

豚ヒレブロックを柔らかくするためのテクニック

豚ヒレブロックを柔らかくする一つの方法は、肉を軽くたたくことです。

この手法はトンカツやシチューなど、様々な料理に応用可能で、覚えておくと便利です。

豚ヒレブロックだけでなく、他の肉類もたたくことで筋繊維を断ち切り、より柔らかくすることができます。

さらに、この方法は肉の加熱を均一にし、過度な加熱による硬さを防ぐ効果もあります。

プロのキッチンでは専用の肉たたきツールを使用しますが、家庭ではあまり一般的ではないかもしれません。

肉たたきツールを使えば迅速かつ簡単にできますが、家庭料理では特に必要ではありません。

肉をたたく際は、家にあるもので代用することができます。

例えば、包丁の平らな部分や麺棒などが使えます。

私は豚ヒレブロックを切る際、そのまま包丁で軽くたたいています。

ブロック状のままたたくこともできますが、カットしてから一つずつたたく方が、より柔らかい仕上がりになります。

スポンサーリンク

豚ヒレブロックを柔らかくする前処理の方法

次に、豚ヒレブロックを柔らかくするための前処理方法を3つ紹介します。

料理の種類に合わせて、これらの前処理を試してみてください。

・コーンスターチや小麦粉をまぶす
・キウイやパイナップルでマリネする
・炭酸水に浸す

豚ヒレ肉に粉を軽く振りかける

豚ヒレ肉を美味しく調理するために、片栗粉や薄力粉を軽くまぶしてみましょう。

この粉が肉の表面を覆い、加熱する際に肉汁や風味が逃げるのを防ぎます。

さらに、調理時の味付けが肉によくなじみ、食感もより柔らかくなります。

粉をまぶす際は、薄く均一にすることがポイントです。

厚くまぶすと食感が損なわれる恐れがあります。

豚ヒレ肉をカットした後、粉を入れたポリ袋で振ってまぶすと便利です。

片栗粉と薄力粉のどちらを使っても、仕上がりに大きな違いはありません。

ですが、濃厚な味わいを求めるなら片栗粉、自然な仕上がりを好むなら薄力粉がおすすめです。

家にあるもので試してみてください。

フルーツでマリネする

キウイやパイナップルには、肉を柔らかくする酵素が含まれています。

これらのフルーツをすりおろしたりペースト状にして、豚ヒレ肉を漬け込むのがおすすめです。

漬け込む時間は肉のサイズによりますが、ブロック肉の場合は1時間が適切です。

ただし、フルーツをつけたまま焼くと焦げやすいので、焼く前にはしっかりと拭き取ることが大切です。

フルーツを使った下処理は、後から加える調味料に影響しません。

実際、フルーツの甘酸っぱさを活かしたソース作りもおすすめです。

肉とフルーツの組み合わせは、おしゃれで特別なおもてなし料理にも最適です。

炭酸水を使った豚ヒレブロックの柔らかくする方法

豚ヒレブロックを柔らかくするのに、炭酸水がとても効果的です。

この方法で、豚ヒレブロックを炭酸水に30分ほど浸しておきます。

その後、余計な水分を拭き取り、普段どおりに調理を行ってください。

さらに、炭酸水を使って豚ヒレブロックを直接煮込むのもおすすめです。

例えば、角煮にコーラを使うのは有名ですが、炭酸水はコーラと違って独特の味が少ないため、さまざまな料理に使いやすいです。

スポンサーリンク

豚ヒレブロックを加熱する際の柔らかさを保つコツ

加熱しても豚ヒレブロックを柔らかく保つ方法は、以下の3点に注意してください。

1. 加熱する前に常温に戻す
2. 酢を加えて煮込む
3. 低温でじっくりと加熱する

加熱前の常温への戻し方

豚ヒレブロックを焼くか煮込む前には、常温に戻すことが大切です。

冷蔵庫から出したばかりの冷たい状態で加熱すると、中心部が均等に温まらず、外側が焦げてしまい、中心部が生のままになることがあります。

菌の繁殖を防ぐため、冬は約30分前、夏は約10分前に常温に出すと良いでしょう。

酢を使った料理法

酢には、タンパク質を柔らかくする性質があります。

この特性を活用して、酢を加えながら調理すると、肉がより柔らかく仕上がります。

たとえば、照り焼きのような濃厚な味の料理に酢を少し加えると、味わいが軽くなります。

濃い味付けが好きだけど、少し軽めがいいときには、この方法を試してみると良いでしょう。

酢を使うと「酸っぱくなるのでは?」と思うかもしれませんが、煮込むことで酸味は減り、よりまろやかな味わいに変わります。

私の家族も酸っぱいものは苦手ですが、酢で煮込んだ肉料理は酸味が気にならず、喜んで食べています。

低温調理法

豚ヒレ肉を使った料理には、長時間の低温調理が適しています。

この方法を用いると、肉の繊維が崩れやすくなり、肉が柔らかくなります。

高温で調理すると、肉の水分が蒸発し、乾燥してしまうことがあります。

そのため、ゆっくりと低温で加熱することが大切です。

ただし、温度が低すぎると食中毒のリスクがあるため、90℃以上を維持することが推奨されます。

スポンサーリンク

豚ヒレブロックを柔らかく調理するコツ

豚ヒレブロックをより柔らかく、美味しく仕上げる方法をご紹介します。

豚肉の中でも特に柔らかいとされる豚ヒレですが、少しの工夫でその美味しさをさらに引き出し、どんな調理法でも乾燥することなく楽しむことができます。

高品質な豚ヒレブロックを使うからには、その美味しさを最大限に活かしたいですよね。

ここで紹介する方法はどれも簡単に試せるものばかり。

豚ヒレブロックを使う際には、これらのコツをぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました