PR

基本12色セットで自然な肌色を再現する方法をご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

絵を描く際、自然な肌色を再現したいと考えたことはありませんか?

持っている絵の具セットには、使える肌色が含まれていないこともありますよね。

12色の絵の具セットはブランドによって異なり、含まれる色も様々です。

もし肌色の絵の具が尽きたり、元々セットに入っていなかったりしても、基本の三原色さえあれば問題ありません!

自由自在に肌色を作る方法を紹介します。

色鉛筆での表現方法も異なるため、その技術についても解説します。

ここでいう「肌色」とは、実は現代ではやや時代遅れな表現かもしれません。

「肌色」という言葉の変遷と、今日的な適切な呼び方についても触れます。

スポンサーリンク

肌色を作る基本的な方法

自然な肌色を作るための主要な手順を3つ紹介します。

赤、黄、白を組み合わせる

「赤+黄+白=肌色」

まず、赤と黄を混ぜてオレンジ色を作ります。

次に、このオレンジ色に白を少しずつ加えて、理想の肌色に調整します。

赤、黄、青を混ぜる

「赤+黄+青=肌色」

赤と黄でオレンジを作った後、青を加えて深みのある肌色へと調整します。

オレンジと白で調整

「オレンジ+白=ナチュラルトーン」

既にオレンジ色がある場合は、白を加えることで簡単に自然な色合いを作り出すことができます。

スポンサーリンク

肌色を調整するコツ

肌の色は人によって異なりますが、絵の具で表現する際のコツをいくつか紹介します。

暗い色を混ぜる時は青を選ぶ

濃い肌色を表現したい時は、黒ではなく青を使用すると良いでしょう。

黒を使うと色が強すぎて自然さが失われ、灰色がかった茶色になりがちです。

白を加える代わりに水で薄める

透明感を出したい場合、白を混ぜるよりも水を加えて薄める方が適しています。

特に水彩画では、水の量で色の濃淡を調整するのが基本ですが、通常の絵の具でも水を加えることでより柔らかい印象になります。

スポンサーリンク

色鉛筆を使用して自然な肌色を描く方法

色鉛筆を使っても、自然に見える肌色を描くことは可能です。

まず、広範囲に淡い黄色を塗り、その上から薄く赤色を重ねていきます。

色鉛筆を使う場合、白や青を加える必要がなくても適切な肌色が再現できることがあります。

特に、顔の細かい部分や影を表現する際には、青色でさらに深みを出すことができます。

また、より詳細な技法として、オレンジ、紫、ピンクを使用して顔の自然な赤みを表現する方法もあります。

色の混合比率や塗り方は、描く絵のスタイルや個人のセンスによって異なりますが、初心者には基本的に黄色と赤色を使った方法が推奨されます。

スポンサーリンク

市販の絵の具や色鉛筆に「肌色」は存在しない?

市場に出回っている絵の具や色鉛筆には、しばしば「肌色」と表現される色があります。

ですが、実際にはそのような特定の色が存在するわけではありません。

「ペールオレンジ」という新しい呼称

以前「肌色」と呼ばれていた色は、現在「ペールオレンジ」や「うすだいだい」として知られています。

日本では多様な背景を持つ人々が共存するため、この呼称変更は、特定の肌色を普遍的な色と見なすことの問題を解消するために行われました。

特に2005年以降、この名前を持つ色鉛筆や絵の具は徐々に市場から姿を消し、教育機関で使用される文房具にも新しい名称が反映されています。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、さまざまな肌色を作る方法を紹介しました。

基本的な色の混合方法を理解すれば、異なる肌色を簡単に作成することができます。

多様な肌色を持つ人物を描く際には、それぞれのキャラクターに合った色調で表現することで、作品をよりリアルで魅力的にすることが可能です。

色の変化を加えるだけで、作品に深みと豊かな色彩をもたらすことができます。

タイトルとURLをコピーしました