PR

スコーン作りのコツとは?しっとり感を引き出す材料と混ぜ方の秘密をご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

美味しくてしっとりしたスコーンを作るためには、使う材料の質と量を見直し、サブラージュ法という特別な混ぜ方を取り入れることが大切です。

これらのポイントを正確に守ることで、シンプルながらも口当たりの良いスコーンができあがります。

スコーンが乾燥してしまった場合は、材料の扱い方、配合の比率、混ぜ方、オーブンの温度設定、製作過程などを見直してみることをおすすめします。

この記事では、以下の点について詳しく説明しています。

・手作りスコーンが乾燥する主な原因
・スコーンをしっとりさせる方法
・サブラージュ法の詳細

スコーン作りに熱中しているけれど、乾燥した食感を改善し、もっとしっとりさせたいと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自家製スコーンが乾燥する原因と店のようなしっとり感を出すコツ

自家製スコーンが乾燥してしまう主な理由は、材料の扱い方、正しい分量の計測、混ぜ方、オーブンの設定、製作工程に問題があることが考えられます。

たとえば、牛乳(水分)を多く使いすぎる、バターが柔らかすぎる、混ぜすぎる、オーブンでの焼き時間が長すぎる、温度設定が適切でないなどが原因でしょう。

粉と水分を混ぜて練りすぎると、グルテンというタンパク質が生成され、生地が硬くなってしまいます。

これはお菓子作りでは通常避けたいことです。

ユーザーのレビューや経験によると、乾燥を防ぐためには以下のような工夫が効果的です。

・牛乳と生クリームを混ぜ合わせる

・プレーンヨーグルトを加えて生地にもっちり感を出す

・焼き上がり後、生地が冷めるときに布巾をかけて水分の蒸発を抑える

これらの方法は、スコーンの乾燥を防ぎ、しっとりとした食感を得るのに役立ちます。

スコーンには、大きく分けて2つのタイプがあります。

イギリス風スコーン

このタイプのスコーンは、少し乾燥した食感が特徴です。

温めて、ベリージャムや濃厚なクロテッドクリームを添えて楽しむのが一般的で、主にティータイムのスイーツとして楽しまれます。

アメリカ式スコーン

アメリカ式のスコーンは、よりずっしりとした食感があり、生地にチョコチップやブルーベリー、紅茶の葉などを混ぜ込んで作られることが多いです。

通常、朝食やブランチの食事として提供されます。

日本では、乾燥したスコーンよりもしっとりとした食感が好まれる傾向にあります。

そのため、自家製でスコーンを作る際には、従来のお菓子やパン作りの方法をそのまま適用すると、しばしば失敗することがあります。

スコーンを作る際には、他のお菓子やパンとは異なる、特有のコツが必要です。

スポンサーリンク

簡単でしっとりなスコーンの作り方とコツ

しっとりとしたスコーンを作るための重要なポイントは、サブラージュ法を使うことです。

まず、サブラージュ法について説明します。

この方法はフランス語で「砂のように」という意味があり、冷たく硬いバターと粉を摩擦させながら混ぜ合わせ、砂のような細かい状態にする技術です。

この工程を怠ると、グルテンが形成され、理想的な中のしっとり感と外のサクサク感が損なわれます。

この方法では、冷やした角切りのバターを使い、サラサラの状態を保ちます。

フードプロセッサーを使用すると、固いバターが細かく砕かれ、粉との混合がスムーズに行えます。

フードプロセッサーがない場合は、角切りバターを粉に加え、製菓用のカードで細かく刻んだ後、手で摩擦させて混ぜ合わせます。

次に、卵と牛乳を混ぜた液体を加え、ゴムベラで切るようにして混ぜます。

生地をまとめ、ラップで包んで3時間から一晩、冷蔵庫で休ませます。

焼くときは、水分が飛ばないように焼き加減に注意します。

牛乳と生クリームを混ぜたり、ヨーグルトを加えてもっちり感を出すのもいいです。

自分好みの食感を見つけるために、いろいろなアレンジを試してみてください。

また、クレメ法という別の製法もありますが、これは柔らかいバターを練り、砂糖や卵を混ぜた後に粉をさっくりと混ぜ込む方法です。

一般的なクッキーやタルト作りに使われるこの方法では、しっとりとサクサクのスコーンは作れないので注意が必要です。

スポンサーリンク

スコーンをしっとりさせるにはのまとめ

スコーンをしっとりとした食感に仕上げるためには、材料の状態と量、そしてサブラージュ法という特別な混ぜ方が重要です。

サブラージュとは、フランス語で「砂のように」という意味があり、冷たく固めたバターを小さく切り、粉と組み合わせる方法です。

フードプロセッサーを使うか、カードでバターを細かく刻んで、手で粉とバターを摩擦しながら混ぜ合わせます。

このとき、砂のような細かい状態にすることがポイントです。

小麦粉、牛乳、卵を冷やして使うと、仕上がりがさらに良くなります。

焼きすぎに注意し、水分が蒸発しないようにすることも大切です。

さらに、生クリームやプレーンヨーグルトを混ぜ込むことで、よりしっとりとした食感を得られます。

焼き上がったスコーンに布巾をかけておくと、水分の蒸発を防ぎ、しっとりとした食感を保つことができます。

タイトルとURLをコピーしました