PR

多様なオレンジ色の作り方とは?異なる比率での色の混合方法をご紹介‼

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

みかん、柿、マンゴー、人参、かぼちゃなど、これらは一見オレンジ色ですが、その色味にはそれぞれ差があります。

これらの色の特徴を理解し、鮮やかな絵を描くためには、自分でオレンジ色を作る技術が非常に重要です。

市販のオレンジ色の絵の具も便利ではありますが、各色を別々に用意するとコストがかさむため、基本のオレンジ色の作り方を学び、それを応用してさまざまな色味を表現することができます。

この記事では、オレンジ色の基本的な作り方と、色の比率を調整することで生じる色のバリエーション、そして黒や白を加えることによる変化について解説します。

色を混ぜる際のコツと共に、色作りの技術についても紹介します。

この記事を読むことで、さまざまなオレンジ色を自在に作り出し、豊かな色彩を持つ絵を描くためのヒントが得られるでしょう。

スポンサーリンク

オレンジ色の基本的な作り方

「赤+黄=オレンジ」

赤と黄を同量混ぜ合わせることで、標準的なオレンジ色を作ることができます。

この方法は基本であり、一般的な絵の具セットにもこの二色は含まれています。

スポンサーリンク

オレンジ色を美しく作るためのポイント

ここでは、鮮やかなオレンジ色を作るテクニックについて紹介します。

絵の具は少しずつ混ぜる

絵の具を混ぜる際は、少量ずつ加えることが重要です。

多くを一度に混ぜてしまうと、調整が困難になり、絵の具の無駄遣いにもつながりかねません。

赤を黄色に加えて混ぜる

オレンジ色を作る際の基本は、薄い黄色に濃い赤を少しずつ加えることです。

赤を黄色に加えながら徐々に理想のオレンジ色へ調整することがポイントです。

スポンサーリンク

赤と黄の比率でオレンジの色調を調節

基本的なオレンジ色の作り方は「赤:黄=1:1」ですが、この比率を変えることで異なるオレンジ色が得られます。

以下に、比率を変えた際のオレンジ色の二つの例を紹介します。

みかん色(赤1:黄2)

赤と黄色を「1:2」の比率で混ぜることで、みかんのような色が作れます。

黄色を多めにすることで、明るいオレンジ色が得られるのです。

この配合で、自然なみかん色を作ることができます。

柿色の作成方法(赤2:黄1)

赤と黄色を「2:1」の割合で混ぜることで柿のような色が得られます。

この方法では赤を多めに用いることで濃いオレンジ色を作ることができますが、赤を過剰に使うと思わぬ色に変わってしまう可能性もあります。

適切な比率で混ぜることで、鮮やかな柿色が完成します。

このように、比率を変えるだけで様々なオレンジ色を作ることが可能です。

みかんと柿の色を使い分けることで、作品に自然な美しさが加わります。

スポンサーリンク

オレンジ色とだいだい色の微妙な違い

一般に、オレンジ色とだいだい色はほぼ同じ色とされています。

例えば、JISの色彩規格や16進数のカラーチャート(#FD7E00)でも、これらの色は同じとされることが多いです。

この違いは主に言語による名称の違いに起因しています。

スポンサーリンク

オレンジ色のアレンジ方法

オレンジ色の基本的な比率を変更するだけでなく、他の色を加えることでも新たな色合いを生み出せます。

シンプルなオレンジ色も素晴らしいですが、さらにアレンジを加えてみるのも一つの方法です。

オレンジに黒を加えて茶色を作る

「オレンジ+黒=茶色」

オレンジ色に黒色を少しずつ加えることで、茶色が作り出せます。

黒を多く加えすぎないよう注意しながら、少しずつ混ぜていくと、自然な茶色に調整できます。

オレンジに白を加えてペールオレンジを作る

「オレンジ+白=ペールオレンジ」

白を加えることにより、オレンジ色をより柔らかなペールオレンジに変化させることができます。

ペールオレンジは肌色に近く、描きたい人物の肌の色に合わせて白の量を調整すると適切です。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、オレンジ色の作り方について解説しました。

基本的なオレンジ色は「赤:黄=1:1」で作られます。

この基本配合から始めて、比率を変えたり、新たな色を加えたりすることで、さまざまなオレンジ色を創出できます。

これをマスターすれば、異なる果物の色を巧妙に表現することができるだけでなく、人物の肌色を細かく調整することも可能になります。

多様なオレンジ色を試し、豊かで自然な画作りを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました