PR

手軽に作れる「土色」の作り方と注意点をご紹介‼

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

風景のスケッチをしている時に、土や砂地、さらには衣服や足元を「土色」で表現したくなることがあります。

手元にある12色セットには必要な「土色」が含まれていないことが多いですね。

しかし、心配は無用です!

基本の12色だけで「土色」を自作する方法をお教えします。

以下に「土色」の作り方を4パターンと、それぞれのポイントを詳しく解説します。

さらに、色鉛筆を使った作り方や、似た色を作るための別の方法も2パターンご紹介します。

12色セットだけで「土色」を作り、独自の色合いで絵を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

土色の作成方法

黄色と茶色を混ぜ合わせる

「黄色+茶色=土色」

「黄色がかった茶色」がまさに土色です。作る際は、黄色に茶色を加えるのが簡単です。

黄色と紫色を混ぜる

「黄色+紫=土色」

黄色の補色である紫を加えることで、色の彩度を下げて土色を作れます。

紫を多く入れすぎると暗くなり過ぎるため、少しずつ加えるのがコツです。

オレンジ、緑、白を組み合わせる

「オレンジ+緑+白=土色」

オレンジに緑を加えて、白で調整して土色を作ります。

スポンサーリンク

三原色と黒を使った「黄土色」の調合法!

「黄色+赤+黒=黄土色」

黄色を基調にし、赤色と黒色を少量ずつ加えることで、黄土色を作ることができます。

ただし、赤と黒の割合を多くすると、意図せず「こげ茶」色になる可能性があるため注意が必要です。

スポンサーリンク

黄土色調合のポイント

基本的な調合法をお伝えしましたが、黄土色を上手に作るためのさらなるコツをここで紹介します。

塗料は徐々に混ぜる

塗料を混ぜる際は、少量ずつ加えるのがコツです。一度に多くの塗料を加えてしまうと、意図した色から外れやすくなります。

また、色が意図しない方向へ行ってしまった場合は、それを修正するのにさらに多くの塗料が必要になることがあります。

黄色やオレンジをベースにする

色を混ぜ始める際は、薄い色をベースにすると良いでしょう。

一度色が濃くなりすぎると、その後薄くするのは難しくなります。

黄土色を作る際は、黄色やオレンジをベースにし、そこに黒や紫などの濃い色を少しずつ加えて調整しましょう。

黄土色に濃い色を多く混ぜすぎると、最終的には茶色やこげ茶色になりがちです。

スポンサーリンク

色鉛筆で黄土色を作る方法は?

色鉛筆を使っても、黄土色を表現することが可能です。

最初に黄色の色鉛筆で広い範囲を塗り、その上から茶色で重ね塗りすることで、黄土色に近い効果が得られます。

この方法では、絵の具のように色が完全に混ざり合うわけではありませんが、重ね塗りによって生まれる独特の質感が作品に深みを与えます。

スポンサーリンク

似た色合いの作成方法

黄土色だけでなく、その類似色を作る方法も2つご紹介します。

マスタード色の作り方

「黄色+茶色=マスタード色」
「山吹色+茶色=マスタード色」

マスタード色は、黄土色に比べて黄色が強調された色です。

黄土色に比べて黄色を多めに使用するか、山吹色をベースにすると、色の違いがはっきりと表れます。

サンドカラーの作り方

「白+黄色+黒=サンドカラー」

黒はほんの少し加えるだけで十分です。

さらに、少量の赤を加えることで、わずかに赤味を帯びたサンドカラーが完成します。

白と茶色だけではこの色を作り出すことはできません。

スポンサーリンク

まとめ

通常の12色セットには含まれていない「黄土色」も、基本色を組み合わせることで簡単に調合することができます。

この方法を活用すれば、マスタード色やサンドカラーといった他の色調への応用も容易になります。

12色セット内の既存の色彩を使って「黄土色」を作り、通常の単色では表現できない独特の色合いを使って、さまざまなアート作品の制作を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました