PR

明石焼の美味しい食べ方とは?地元住民の絶品の楽しみ方をご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

兵庫県が誇る特産品、明石焼のおいしい食べ方を紹介します。

多くの方が、明石焼は大阪名物のたこ焼きと同じくソースを使わないと思っているかもしれません。

今回は、あまり知られていない明石焼の絶品の食べ方や食事マナーについてご案内します。

地元で明石焼を味わう際、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

明石焼のおいしい食べ方!だしをつける時のマナーとは?

明石焼はだしに浸して楽しむものですが、特別なマナーは特にありません。

ただし、どんなに熱くても、一口で食べるのがおすすめです。

熱々の明石焼を一口で食べるのは少々難しいかもしれませんが、それには理由があります。

猫舌の方にはちょっと挑戦的ですが、明石焼をだしの中で割ると、生地とだしが混ざり合って風味が損なわれてしまいます。

ですが、口を火傷することなく楽しむことも大切ですので、必ずしも一口で食べなければならないわけではありません。

それでも、作りたての明石焼は格別においしいので、できれば一口で食べることを推奨します。

スポンサーリンク

明石焼の楽しみ方とは?ソースを使うのはあり?

明石焼は多くの人が出汁で味わうことを好むため、ソースを使うのは一般的ではないと思われがちです。

実際、市販の冷凍明石焼を見ても、ソースが入っていないことが多いですね。

でも、出汁の風味に変化を求める時、ソースを加えるのも良い選択肢です。

これはあまり知られていないかもしれませんが、私も明石焼にソースを加えて楽しんでいます。

最初は出汁だけで味わい、徐々にソースを加えると、違った風味が楽しめます。

ソースだけで食べるのもいいですが、出汁と合わせるのが特におすすめです。

スポンサーリンク

明石焼の出汁は飲んでも大丈夫なの?

明石焼の出汁は、そのまま飲んでも美味しいです。

お吸い物のような深い味わいが魅力です。

明石焼は、出汁まで堪能できる素晴らしいグルメです。

店によっては出汁のおかわりができるところもあります。

また、兵庫県では明石焼をうどんの具として使うこともあります。

これはお揚げのような役割を果たしています。

兵庫を訪れる機会があれば、ぜひ本場の明石焼を試してみてください。

食べる量に制限はなく、出汁もたっぷり楽しめますよ。

スポンサーリンク

明石焼の美味しい食べ方のまとめ

明石焼きを楽しむコツは、熱々のうちに出汁に浸してすぐに食べることにあります。

その際、熱さに注意しながら無理なく味わいましょう。

出汁だけでは味が単調になったと感じたら、変化を出すためにソースを加えるのも良い方法です。

これにより、一層深い味わいを楽しめます。

地元の人々には、最初にソースをかけてから出汁につけるのが一般的な食べ方です。

明石焼きを堪能したあとは、残った出汁を飲むのがおすすめです。

出汁は濃厚な旨味が特徴で、非常に美味しいものです。

店によっては出汁の追加が可能なので、足りない場合はおかわりをしてみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました