PR

【ワッペンの付け方】アイロンを使わずに固定する方法と適さない素材について。接着剤での固定は可能?

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

アイロンを使えない生地の場合、どのようにワッペンを付ければ良いのでしょうか?

ここでは、アイロン以外のワッペンの付け方を詳しく解説します。

《結論》

アイロンでは固定が難しい素材として、ナイロンやアクリル、伸縮性があるものや厚手の生地が挙げられます。

ワッペンを付けやすい素材は綿や麻で、特にデニムは適しています。

アイロンで固定できないときは、縫い付ける方法や専用の接着剤やテープを使用するのがおすすめです。

アイロンで固定できない場合には、強力な専用接着剤を使うと効果的です。

「裁縫上手」接着剤は使いやすく、縫う必要なく直接貼り付けるだけで固定でき、洗濯にも耐えるため安心して使用できます。

スポンサーリンク

ワッペンがアイロンで付けられない生地ってあるの?

通常、ワッペンはアイロンや縫い付けで固定しますが、素材によってはアイロンでの固定が困難な場合があります。

ナイロン・アクリル

ナイロンやアクリル製の素材は、アイロンでのワッペン固定には適していません。

これらの素材は熱に弱い上に水を含みにくいため、アイロンの熱で接着部がうまく固定されにくいのです。

厚手で伸縮性のある素材

厚手で伸縮性のある生地は、アイロンで貼り付けるタイプのワッペンに向いていません。

そのため、取り扱いには注意が必要です。

スポンサーリンク

アイロンで貼り付けやすい素材

アイロンでワッペンを貼る際に適している素材は、熱に耐える綿や麻です。

中でもデニムは特におすすめで、ワッペンが接着しやすく、見た目にも馴染みやすいため、取り付けミスが少なくなります。

スポンサーリンク

アイロンを使用できない場合の対処法

アイロンを使えない場合でも、ワッペンを取り付ける方法はいくつかあります。

縫いつける方法

手間はかかりますが、ワッペンを縫い付けると、取れにくくなります。

専用接着剤の使用

洗濯に耐える裁縫用の専用接着剤を使えば、針と糸を使わずに簡単にワッペンを取り付けることができます。

「裁縫上手」ブランドの接着剤が特に人気です。

強力な手芸用両面テープ

手芸用の両面テープを使用すれば、テープが過度に見える心配がありません。

このテープは水に強いため、洗濯しても問題ないです。

接着剤での失敗が心配な場合は、このテープがおすすめです。

スポンサーリンク

ボンドとテープ、どちらを選ぶべきか?

「ボンドとテープ、どちらが良いか迷っていますか?」それぞれの特性を見て、適切なものを選んでください。

ボンド

・厚めの布地に適しています(薄い布では、ボンドが染み出す可能性があります)
・完全に乾くまでに時間がかかります

テープ

・薄手の布に適しています
・ボンドと比較すると持続性が劣ることがあります
・使い方が簡単で、すぐに接着できます

どちらの選択肢も、水に強く「洗濯可能」なタイプを選ぶことをお勧めします。

特に大切な衣類に使用する際は、目立たない部分でテストすることが重要です。

スポンサーリンク

取り外し可能なピンタイプの選択も考慮に入れて

「ワッペンを取り外し可能にしたい場合」は、裏面に安全ピンが付いたタイプがおすすめです。

この方法なら、洗濯時に簡単に取り外すことができ、素材が剥がれたり傷んだりする心配が少なくなります。

スポンサーリンク

まとめ

ワッペンの取り付け方法として一般的なのはアイロンですが、アクリルやナイロンのような熱に弱い素材では、アイロンの熱でワッペン自体や接着部が損傷し、うまく固定できないことがあります。

綿や麻のような熱に強い素材はアイロンワッペンに適しており、取り付けが容易です。

アイロンで固定できない場合は、縫い付ける方法や裁縫用のテープやボンドを使う方法もあります。

これらは縫製が苦手な方でも手軽に使用できる選択肢です。

タイトルとURLをコピーしました