PR

高校生は卒業後の学生身分はいつまで続く?学割の利用期限について徹底解説!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

高校生の多くは3月初旬に卒業式を迎えることが一般的です。

しかし、卒業後、4月に新たな大学生活や社会人生活が始まるまでの期間に、さまざまな疑問が浮かぶことがあります。

「卒業式の翌日からはもう高校生ではないのだろうか?」

「高校を卒業したらすぐにアルバイトを始められるのか?」

「映画館やカラオケでの学割はもう使えないのか?」

など、自分の立場に関する不確かな点が気になることもあるでしょう。

この記事では、高校卒業後の学生身分の期間や学割の利用可能期間について解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

高校卒業後の学生身分はいつまで続く?

高校を卒業してから、いつまでが学生期間とされるのでしょうか?

重要な点を先に述べますと、卒業時期に関わらず、3月31日までは高校生として扱われます。

たとえば、3月1日に卒業式を迎えた場合、その日に学生身分が終了するとすると、大学生や社会人になるまでの約1ヶ月間、身分が不明瞭になる可能性があります。

このような状況を避けるため、法律では学生の1年間を4月1日から翌年の3月31日までと定めており、卒業しても3月31日までは学校に在籍している生徒として扱われることになります。

この規定は高校生だけでなく、中学生や大学生にも同様に適用されます。

卒業式の日付にかかわらず、3月31日まで、中学生、高校生、大学生はそれぞれの身分が変わらないことに注意が必要です。

4月1日になると、中学生は高校生に、高校生は大学生に、大学生は社会人に身分が変わります。

このため、3月に中学を卒業した生徒がアルバイトを始める場合、最も早くても4月1日からとなります。

スポンサーリンク

高校生を卒業したら学割の利用期限はいつまで?

学生特典として提供される学割について、利用可能な期限はいつまでかという疑問に対しては、前述の通り、卒業日に関係なく3月31日までは学生身分が保持されるため、その期間中は学割を利用できます。

その結果、カラオケ、映画館、新幹線、バスなどは3月末まで学生料金で利用可能ですし、学生証も3月末日までは身分証明書として有効です。

4月になってもすぐに新しい学生証が発行されるわけではないため、古い学生証を使用しても一定の理解を得ることがあります。

卒業時に学生証を学校に返却してしまった場合でも、「今月卒業したため学生証がない」と説明すれば、理解を示してもらえることがあります。

ただし、「卒業した」と伝えると、学生証がなくても常に学生として扱われるわけではないことに注意が必要です。

卒業後も、代わりの身分証明書の提示が必要になることがあります。

これは、身分証明がないと、相手が真実かどうか判断できないためです。

そのため、「学割を利用したいけれど、卒業して学生証がない」という方は、学生証の代わりになる身分証を準備するか、利用しようとしているサービスの担当者に事前に確認することを推奨します。

スポンサーリンク

高校生は卒業後の学生身分はいつまで続くのまとめ

上記のように、卒業後でも3月31日までは以前の学校の生徒としての身分が保持されます。

そのため、卒業後も3月末までは高校生としての身分を意識し、それに沿った行動を取ることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました