PR

ハーゲンダッツのミニカップと普通サイズの違いとは?容量と価格の比較をご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ハーゲンダッツは、その絶品の味わいで多くの人々から愛されているアイスクリームです。

自分へのちょっとしたご褒美として選ばれることも少なくありません。

ハーゲンダッツには、さまざまなサイズがありますが、特にミニカップと通常サイズの違いについてご紹介します。

ハーゲンダッツの容量や価格に関する情報もまとめましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

ハーゲンダッツのミニカップと普通サイズの違いは何か?

ハーゲンダッツは、長年にわたって多くの人々に愛されているアイスクリームブランドです。

ハーゲンダッツには、いくつかのサイズがあります。

・複数入りのパック
・ミニカップ
・パイントサイズ
・業務用サイズ

これらのサイズの中でも、クリスピーサンドのようなカップを使用しない製品もあります。

それでは、ハーゲンダッツのカップサイズの違いについて見てみましょう。

例えば、ミニカップと通常サイズ(パイントサイズ)のハーゲンダッツを比較してみます。

ミニカップは110mlというサイズです。

日本ではこのサイズが一般的ですが、海外ではパイントサイズがよく見られます。

パイントサイズに比べて小さいため、ミニカップと呼ばれています。

そして、違いについてですが、ミニカップは味の種類が豊富です。

2021年8月時点では、パイントサイズは4種類の味がありますが、ミニカップは8種類の味があります。

ハーゲンダッツには、季節限定のフレーバーや近々発売予定の新商品があります。

ただし、パイントサイズの季節限定商品は現在販売されていないようです。

また、取り扱い店舗によって品揃えに差があることもあります。

ミニカップは、コンビニやスーパーマーケットなど多くの場所で見ることができ、多くの人が目にしているでしょう。

一方、パイントサイズはコンビニではあまり見かけず、大型スーパーや輸入食品店での取り扱いが多いです。

そのため、パイントサイズを実際に見たことがない人は、ミニカップに比べて多いかもしれません。

しかし、パイントサイズで提供されているフレーバーはミニカップでも同様に楽しむことができます。

つまり、パイントサイズ限定の特別なフレーバーは存在しません。

スポンサーリンク

ハーゲンダッツの容量と価格とは?

ハーゲンダッツは他のアイスクリームと比べて価格が高めですが、その美味しさを考慮すると価格に納得がいく部分もあります。

では、なぜ他のアイスクリームよりも高価なのでしょうか?

ここでは、容量と価格について詳しく見ていきましょう。

なお、表示されている価格は税抜きで、業務用を除く希望小売価格ですので、店舗によって価格は異なることがあります。

箱入りマルチパック

1箱に6カップ入ったアソート商品があります。

1カップの容量はミニカップよりも少ない70mlで、価格は880円です。

ミニカップ

このサイズはよく見かけるもので、一般的に人気が高いです。

ミニカップは110mlという小さな容量で、価格は295円です。

パイント

このサイズは海外で一般的に見られる標準的なものです。

473mlの容量で、価格は850円となっています。

業務用

個人でも購入できる最大サイズで、業務用としても販売されています。

なんと、その容量は2000mlにも及びます。

公式サイトでは見つからない業務用サイズですが、オンラインで調べると、2000円台で購入可能です。

コストパフォーマンスを考えると、業務用が最もお得だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ハーゲンダッツのミニカップと普通サイズの違いのまとめ

ハーゲンダッツには様々なサイズがあります。

特に、普通サイズ(パイント)とミニカップの主な違いは、フレーバーの多様性にあります。

ミニカップはパイントに比べてフレーバーの選択肢が豊富で、販売されている店舗数も多い傾向にあります。

ハーゲンダッツは、容量が大きくなるほどコストパフォーマンスが高くなります。

アイスクリームに賞味期限がないため、冷凍庫にスペースがあるなら、業務用を選ぶのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました