PR

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」はいつ使うの?挨拶のタイミングをご紹介‼

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

日本の日常会話において、挨拶は非常に重要な要素です。

その背後には深い文化的背景があります。

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」といった時間に応じた挨拶は、固定されたルールがあるわけではなく、それぞれの適切な時間帯に使用することが望ましいです。

スポンサーリンク

「おはよう」を使うべき適切な時間(何時から何時まで)

挨拶は、日本のコミュニケーションの基礎を形成します。

特に「おはよう」という言葉は日常生活で頻繁に使われるため、適切な使用時間を理解しておくと便利です。

以下で、「おはよう」を使う適切なタイミングについて解説します。

「おはよう」の使用開始時間

「おはよう」は一般的に朝の挨拶として使われますが、具体的な開始時間について厳格な規定は設けられていません。

これは、人それぞれの生活スタイルや職業、居住地によって異なるためです。

例えば、朝早く起きる人は夜明け前から「おはよう」と挨拶を交わすことがありますし、遅く起きる人は午前中でも「おはよう」と言うのが一般的です。

NHKの場合

NHKでは、番組において時間帯に応じた挨拶を視聴者に伝えることを心がけています。

特に朝の時間帯には、朝9時までに「おはようございます」と挨拶する方針を設けています。

この方針は2003年の調査結果に基づいており、10時を過ぎてからの「おはようございます」に違和感を感じる人が多いことが分かったためです。

NHKは日本の文化を尊重し、視聴者の感覚に合わせた挨拶を大切にしています。

参考資料:「おはようございます」何時まで? | NHK放送文化研究所

百貨店などの小売業界の場合

小売業界、特に百貨店においては、挨拶が非常に重要です。

挨拶は初対面の印象を大きく左右し、顧客との良好な関係構築に欠かせません。

通常、百貨店では午前11時までを「朝」と捉え、「おはようございます」と挨拶します。

この慣習は、訪れる顧客に清々しい印象を与え、新しい一日の始まりを迎える意識に重点を置いています。

特に高級感のある百貨店では、挨拶のマナーが顧客満足度の向上に寄与するため、従業員にはこの習慣の遵守が強く求められています。

秘書技能検定試験の基準

公益財団法人実務技能検定協会が実施する秘書技能検定試験では、「おはようございます」という挨拶を特定の時間まで使用するルールが設けられています。

試験の規定によれば、この挨拶は午前10時までとされており、ビジネス環境において広く適用される標準となっています。

スポンサーリンク

「こんにちは」の使用時間帯(何時から何時まで)

日本では、時刻に応じた挨拶が一般的に行われ、「こんにちは」は主に日中に使用されます。

この挨拶の具体的な適用時間帯は状況によって異なる場合がありますが、一般的には以下のようになっています。

NHK(日本放送協会)のガイドライン

NHKでは、日中の主な活動時間である9時から18時の間に「こんにちは」という挨拶を用います。

この時間帯は放送中にも頻繁に挨拶が行われるためです。

百貨店や接客業の慣例

百貨店や接客業界では、11時から17時までが「こんにちは」と挨拶する一般的な時間帯とされています。

この時間設定は、店舗やサービス業で顧客との円滑なコミュニケーションを促すために重要視されています。

秘書技能検定における挨拶の時間帯

秘書技能検定では、「こんにちは」という挨拶のビジネスシーンでの適用時間を10時から18時と定めています。

この時間帯は、一般的な業務時間を反映しています。

以下に、異なる環境での「こんにちは」の使用時間帯を示す表を掲載します。

【NHK】
9時〜18時

【百貨店・接客業】
11時〜17時

【秘書技能検定】
10時〜18時

これらの時間帯で「こんにちは」と挨拶するのが一般的ですが、場所や状況によっては時間帯に違いがあることもあります。

各環境に適した挨拶の使い分けが求められます。

スポンサーリンク

「こんばんは」の適切な使用時間帯(何時から何時まで)

「こんばんは」は通常、夕方から夜にかけての時間帯に使用されますが、具体的な時間帯は場所や状況に応じて変わります。

メディア業界、特にNHKの場合

メディア業界では、特にNHKでは夕方のニュース放送が始まる18時から「こんばんは」と挨拶を始めるのが通例です。

これは、日中の報道を締めくくり、夜のプログラムへの移行を告げる際に行われます。

百貨店や接客業のガイドライン

接客業界、特に百貨店では、17時から「こんばんは」と挨拶することが慣例です。

これは、夕方の買い物客を暖かく迎え入れるための方法として採用されています。

秘書技能検定の挨拶タイミング基準

秘書技能検定では、ビジネス環境における挨拶のタイミングが重視されており、「こんばんは」という挨拶は18時から使用することが推奨されています。

これはビジネスシーンにおける夕方や夜間の活動を反映したものです。

「こんばんは」の使用終了時間

「こんばんは」という挨拶の使用終了時刻に固定のルールはありませんが、例えばNHKでは夜中の2時から3時ごろに終わる番組までこの挨拶が使われます。

一般的には就寝前や夜明け前が終了タイミングとされています。

職業や活動パターンに応じて「こんばんは」の使用時間が異なりますが、夕方から夜にかけてが一般的です。

具体的な終了時刻は、個々の状況に応じて柔軟に調整されるべきです。

・メディア業界(NHK)
18時:夕方のニュース開始時刻

・接客業(百貨店)
17時:夕方の買い物客への挨拶

・専門職(秘書技能検定)
18時:ビジネスシーンでの基準

・一般的な終了時刻
就寝前や夜明け前まで

スポンサーリンク

時間帯別の挨拶の使い分け

日本の文化では時間帯に合わせた挨拶が一般的ですが、これらの挨拶の境界には厳密なルールは存在しません。

以下では、各時間帯における一般的な挨拶の使い分けについて詳しく説明します。

「おはよう」と「こんにちは」の移行時刻

【9時〜11時】
この時間帯は個人によって挨拶が異なることが多く、状況に応じて「おはよう」または「こんにちは」が使われます。

【10時】
NHKではこの時間から「こんにちは」と使用されます。

【11時】
接客業界では、11時から「こんにちは」と挨拶が始まります。

【9時】
秘書技能検定では、この時間に「おはよう」と挨拶されることが一般的です。

自然現象の変化がないため、9時から11時の間は「おはよう」から「こんにちは」への移行が特に曖昧で、職場や個人の習慣によって異なります。

「こんにちは」と「こんばんは」の移行時刻

通常、日没前は「こんにちは」と挨拶し、日没後には「こんばんは」へと移行します。

日の入りの時間は季節や地理的位置に依存するため、具体的な時刻を定めるのは難しいです。

周囲が暗くなり始めると自然に「こんばんは」と使われることが一般的です。

「こんばんは」と「おはよう」の区別時刻

【3時半~4時過ぎ】
この時間は「おはよう」と挨拶する一般的な目安です。

【2時~3時】
NHKでは、放送終了時に「こんばんは」と挨拶を用います。

【4時過ぎ】
NHKの放送開始時に用いられる挨拶です。

【3時半~4時過ぎ】
民放ではこの時間帯に始まる番組で「おはようございます」と挨拶されます。

一般的に、就寝前や夜明け前の時間帯には「こんばんは」を使用し、起床後や日の出後には「おはよう」と言われることが多いです。

放送業界においては、NHKが放送終了時の2時から3時にかけて「こんばんは」と挨拶し、放送開始時の4時過ぎには「おはようございます」を使用しています。

民放も同様に、3時半から4時過ぎの番組開始時に「おはようございます」と挨拶するのが一般的です。

これらの慣習は、日本文化に根ざしたもので、地域や個々の状況によって異なることがあります。

スポンサーリンク

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」の使用時間帯のまとめ

日常のコミュニケーションに欠かせない基本的な挨拶として、「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」があります。

これらの挨拶の使用タイミングは、厳密なルールよりも状況に応じた柔軟性が求められることが多いです。

例えば、朝に「おはよう」と挨拶したとしても、相手がすでに昼のモードであれば、「こんにちは」と返されることもあります。

このような場合、相手の状況を尊重し「こんにちは」と返答するのが適切です。

挨拶はただの形式ではなく、人間関係を築く上で非常に重要な役割を果たします。

以下に示す表は、各挨拶が一般的に用いられるおおよその時間帯を示していますが、これはあくまでガイドラインであり、実際のコミュニケーションでは相手の様子や反応に応じて柔軟に対応することが重要です。

【おはよう】
朝から午前中

【こんにちは】
正午から午後の初め

【こんばんは】
夕方から夜間

挨拶はコミュニケーションの起点として機能し、相手の反応を観察しながら適切に使い分けることが、スムーズな対話を促進する鍵となります。

タイトルとURLをコピーしました