PR

新幹線グリーン車の電源コンセントの位置と予約のコツをご紹介‼

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

新幹線での長距離移動では、スマートフォンやノートパソコンの充電が気になりますね。

最近では、コンセントが備えられた新幹線が増えているため、移動中も安心してデバイスを使い続けることができます。

この記事では、次の情報をお届けします。

・グリーン車のコンセントの位置
・各新幹線車両の電源コンセントに関する情報
・電源付き席の予約方法
・新幹線での電源コンセントの活用方法
・新幹線内の電圧情報

これらの情報を基に、新幹線内での充電方法に役立つ情報を提供します。

スポンサーリンク

グリーン車のコンセントはどこにある?

新幹線のグリーン車では、座席の前方中央の肘掛けにコンセントが設けられています。

普通車では、多くの場合、窓側の足元近くに位置しています。

グリーン車のコンセントは使用可能なときに緑色のライトが点灯します。

利用前にはライトが点いているかを確認しましょう。

普通車のコンセント付き席は数に限りがあり、窓側の席が特に人気です。

早めに予約をすることが重要です。

また、他の乗客との共有が必要な場合もありますので、友好的な共用を心掛けるか、必要に応じてプラグを持参することをお勧めします。

スポンサーリンク

新幹線各車両の電源コンセントについての概要

近年、新幹線の車内での電源コンセントの提供が拡大されており、新しい型の車両においてはほぼ全席にコンセントが設置されています。

電源コンセントの有無を事前に確認したい場合は、チケット購入前に駅のインフォメーションセンターでご確認ください。

東海道・山陽新幹線

【N700系】
グリーン車全席と普通車の窓側席に電源コンセントが設けられています。

【700系】
一部の列車に電源コンセントが装備されています。

【500系】
コンセントは設置されていません。

九州新幹線

【N700系】
グリーン車全席及び普通車の窓側席に電源コンセントがあります。

【800系】
車両の前後端の席にのみ電源コンセントが設置されています。

東北・北海道新幹線

【E5系/H5系】
グリーン車全席および普通車の選ばれた席に電源コンセントがあります。

【E2系】
ほとんどの車両で一部の席に電源コンセントが設置されています。

東北・秋田新幹線

【E6系】
グリーン車全席および普通車の選ばれた席に電源コンセントが設けられています。

東北・山形新幹線

【E3系2000番台】
グリーン車全席及び普通車の選ばれた席に電源コンセントが設置されています。

【E3系1000番台】
電源コンセントがないため、席選びの際には特に確認が推奨されます。

北陸新幹線

【E7/W7系】
各座席には電源が完備されています。

【E2系】
グリーン車の全席と普通席の一部に電源が設置されていますが、特定の車両では設置が省略されています。

上越新幹線

【E2系】
グリーン車の中心部と普通席の一部に電源設備が整っていますが、一部の車両では設置されていません。

【E4系】
電源コンセントは設置されていません。

スポンサーリンク

新幹線での電源コンセント付き席の予約方法のまとめ

電源付き席を予約する最も確実かつ迅速な方法は、直接駅のチケットカウンターで予約することです。

駅員に詳細を問い合わせ、「電源付きの席を予約したい」と伝えれば、対応してくれます。

また、JRの時刻表や公式アプリで情報をチェックし、自分で情報を得ることもできます。

電源コンセントが設置されている特定の車両(例:N700A系)を選んで席を確保することができます。

このプロセスに慣れれば、スムーズに進めることが可能です。

タイトルとURLをコピーしました