PR

幼稚園の卒園アルバムに贈る親から子への心温まるメッセージ例とは?シンプルな短文から長文の表現方法もご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

幼稚園の卒園アルバムに親が子供へ向けてメッセージを書くのは、一つの美しい伝統です。

私も実際にこれを経験しましたが、どんな言葉をどのように綴るべきか、とても悩みました。

子供へ伝えたいことはたくさんあるけれど、それをうまく文章にするのはなかなか難しいですよね。

そんな悩みを持つ方々のために、幼稚園卒園の際に親から子へ送るメッセージの例をいくつかご紹介します。

シンプルなものから詳細なものまで、さまざまな例を挙げてみますので、これらを参考にして、お子さんへの心温まるメッセージを作成してみてください。

スポンサーリンク

幼稚園の卒園アルバムでの親から子へのメッセージはどうやって書けば良いのか?

幼稚園の卒園アルバムに書くメッセージは、以下のような構成がおすすめです。

1. 卒園おめでとう(祝福の言葉)
2. 思い出に残るエピソード
3. 子供への励ましや願い

この構成を取ることで、メッセージは適度な長さにまとまり、内容も整理されたものになります。

エピソードの部分には、どんな内容を入れても大丈夫です。

・生まれた時のこと
・幼稚園に入園した初日のこと
・日々の幼稚園生活での出来事
・運動会や学園行事での思い出
・上達したこと
・家族との日常生活

これらを思い返すと、ふと「あの時こんなことがあったな」というエピソードが浮かんでくるかもしれません。

大切な思い出を振り返りつつ、感動的なメッセージを綴ってみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

親から子どもへ贈る心温まるメッセージの長文の例とは?

卒園アルバムには、子どもたちへのメッセージを書くためのスペースがたっぷりと用意されています。

ここでは、少し長めのメッセージ例をご紹介します。

これらのメッセージは、幼稚園や保育園の子どもたちに向けて書かれることが多く、子どもが読みやすいようにひらがなで書かれることが一般的です。

また、ママやパパの名前などはカタカナを使うこともあります。

例文1

そつえん、ほんとうにおめでとう。

ようちえんでのひび、たくさんのともだちとなかよくして、たのしいじかんをすごしたね。

しょうがっこうでは、あたらしいともだちともたくさんであえるといいね。

例文2

○○ちゃん、そつえんおめでとう。

ようちえんでのなわとびやとびばこ、いっしょうけんめいにとりくんでいたね。

どりょくする○○ちゃんを、ママとパパはいつもほこりにおもっているよ。

しょうがっこうでも、いろいろなことにちゃれんじして、がんばってね。

例文3

○○くん、そつえんおめでとう。

ねんしょうのころは、ママとはなれるのがさびしくてないていたけれど、ねんちょうになると、いちどもなかずにようちえんにいけるようになったね。

おにいちゃんにすごくせいちょうしたね!

しょうがっこうでも、げんきいっぱいでたのしいがっこうせいかつをおくってね。

例文4

そつえん、ほんとうにおめでとう。

にゅうえんしたときはまだあまえんぼうだった○○ちゃんが、いまではしっかりとしたおねえさんにせいちょうしているね。

いつもいもうとのせわをしてくれて、ほんとうにありがとう。

しょうがっこうでも、そのやさしさをいかしてがんばってね。

例文5

そつえん、おめでとう。

ほいくえんでのなわとびのれんしゅう、とってもがんばっていたね。

○○ちゃんは、いつもがんばってて、すごいよ。

しょうがっこうでも、べんきょうをがんばってね。

例文6

そつえん、おめでとう!

ようちえんでのまいにちがとってもたのしそうだったね。

いつもげんきにようちえんへいく○○ちゃんは、ほんとうにかっこよかったよ。

しょうがっこうでも、そのかがやくえがおをわすれずにいてね。

例文7

そつえん、おめでとう。

ねんちょうになり、たくさんのことをまなんだね。

しょうがっこうのあたらしいせいかつもたのしみだね。

いろいろなことにチャレンジする○○ちゃんを、これからもおうえんしてるよ。

例文8

そつえん、おめでとう。

ようちえんでおぼえたたくさんのうた、ほんとうにすばらしいよ。

おうちで○○ちゃんがうたをうたってくれるのをきくのは、いつもたのしみだよ。

これからも、いろいろなことにちょうせんして、じぶんのすきなことをみつけていってね。

例文9

そつえんおめでとう。

あなたがこのよにうまれたひのことは、わたしたちにとっていまもあざやかなおもいでです。

あのちいさかったあなたが、いまではりっぱなおにいちゃんになりましたね。

これからのせいちょうもたのしみにしています。

例文10

そつえんおめでとう。

ほいくえんでのひびをいつもたのしそうにはなしてくれて、ほんとうにうれしかったよ。

しょうがっこうにすすんでも、あたらしいはっけんやおぼえたことをたくさんきかせてね。

例文11

そつえんおめでとう。

ほいくえんでのおわかれのときに「ママ、おしごとがんばって」とはげましてくれたことばは、いつもこころにひびいていました。

そのことばがあったからこそ、わたしはたくさんのことにちょうせんすることができました。

しょうがくせいになっても、そのやさしいこころをたいせつにしてくださいね。

例文12

そつえんおめでとう。

もうすぐしょうがくせいですね。

あたらしいらんどせるをせおってのがっこうせいかつがはじまりますね。

たのしいことがたくさんまっているでしょう。

しょうがっこうでもいろいろなことにちゃれんじして、がんばってください。

ママとパパはいつもあなたをささえていますよ。

例文13

○○ちゃん、そつえんおめでとう!

ようちえんでのひびは、たのしいおもいででいっぱいだったね。

おにごっこやにんじゃごっこでのあそび、うんどうかいやはっぴょうかいでのかがやかしいはたらき、すべてがすばらしかったよ。

いえでのいっしょうけんめいなれんしゅうのすがたも、とてもいんしょうぶかいものだった。

これからしょうがくせいとしてあたらしいすたーとをきるけれど、あたらしいかんきょうでもがんばって、たのしいがっこうせいかつをおくってね。

例文14

○○くん、そつえんおめでとう!

さいしょはまいにちないていたけれど、すぐにえがおでようちえんへいけるようになったね。

ともだちとのたのしいまいにちが、とてもすてきだったよ。

ままとぱぱは、いつもえがおの○○くんがだいすきだよ。

しょうがっこうでもたのしいことをみつけて、いつもえがおでいてね。

いつでもおうえんしているからね。

エピソードをもっと詳しく書くと、文章が長くなるけれど、子供たちには読みやすい長さがいいね。

文章が短くなりがちなら、絵を描くのもいい方法です。

卒園文集では、子供たちの好きなキャラクターを描いたり、手書きで枠を作って文章のスペースを調整することもできます。

スポンサーリンク

親から子どもへ贈る心温まるメッセージの短文の例とは?

子供たちには、限られた言葉の中でも、心からのメッセージを伝えることが重要です。

簡潔ながらも、子供への応援や愛情を込めた言葉を贈りましょう。

例文1

そつえんおめでとう。

しょうがっこうでも、いつものようにげんきいっぱいがんばってね。

例文2

そつえんおめでとう。

しょうがっこうでも、いつものようにげんきいっぱいがんばってね。

例文3

ほいくえんでともだちとやさしくせっすることができて、ほんとうにすばらしいね。

これからもそのやさしさをたいせつにしてね。

例文4

ようちえんでまなんだいろいろなこと、すてきだね。

しょうがっこうでも、あたらしいことにどんどんちょうせんしてね。

例文5

ひび、かっこよくせいちょうしてくれて、ほんとうにありがとう。

いつも○○のことをこころからあいしているよ。

例文6

ようちえんのうんどうかいでのがんばり、みていてとてもうれしかったよ。

いつもいっしょうけんめいな○○がだいすきだよ。

例文7

いつもいもうとのめんどうをみてくれて、ほんとうにありがとう。

これからも、そのやさしいこころをもったおねえちゃんでいてね。

例文8

いつもてつだってくれて、ほんとうにかんしゃしているよ。

ままは○○のおかげでとてもたすかっているんだよ。

これからもよろしくね。

例文9

そつえんおめでとう!

しょうがっこうのせいかつもたのしみにしているね。

これからもっとたくさんのたのしいことがまっているよ。

例文10

ようちえんでのおてつだい、ほんとうによくがんばってくれたね。

しょうがっこうでもそのすばらしいどりょくをみせてくれるとうれしいな。

例文11

そつえん、こころからおめでとう。

しょうがっこうであたらしいともだちをつくり、たのしいまいにちをおくれるといいね。

例文12

まちにまったしょうがっこうせいかつのすたーとだね。

いろいろなことにちゃれんじして、じゅうじつしたじかんをすごしてね。

卒園を祝う言葉として、これから小学校に進む我が子への応援のメッセージを添えると良いでしょう。

短い文章でも、親の愛情がしっかりと伝わると思います。

幼稚園や保育園での頑張りを褒め称え、小学校での新しい生活が楽しみになるようなメッセージがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

卒園記念に、親から子へのメッセージ例を紹介しました。

他の人に読まれることを考えると少し恥ずかしいかもしれませんが、子供の成長記録として、親の深い愛情が込められたメッセージが多く見られます。

一生に一度の卒園の記念に、子供へのメッセージを書く機会はそう多くありません。

大人になった子供が後で読み返す時、温かい気持ちになれるような、愛情と応援のこもったメッセージを書いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました