PR

生姜焼きに片栗粉をなぜ使うのか?作る際に小麦粉などを使う効果について調査!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

生姜焼きのレシピでよく見かけるのが、肉に「小麦粉」や「片栗粉」をまぶす工程です。

このステップの必要性について、疑問を持ったことはありませんか?

実は、この工程には重要な理由があります。

小麦粉や片栗粉の特性を理解することで、より美味しい生姜焼きを作るコツを掴むことができます。

スポンサーリンク

生姜焼きのお肉に粉をまぶして焼くメリットとは?

生姜焼きで肉に片栗粉や小麦粉をまぶすことには、二つの大きなメリットがあります。

一つ目は、タレが肉にしっかり絡むためのトロミを加えることです。

これにより、肉に深い味わいが染み込みます。

下味をつけていなくても、肉にしっかりと味を付けることができます。

二つ目は、保水効果です。

肉の表面に粉をまぶすことで、肉汁の流出を防ぎ、旨みを逃がさずに閉じ込めることができます。

結果として、より美味しい生姜焼きが仕上がります。

特に、肉を柔らかく仕上げたい場合には、この方法が効果的です。

ただし、タレに漬け込んでいる場合は、粉をまぶす必要はありません。

既に十分な味がついているため、さらに味を加えると過剰になり、辛く感じることがあります。

もちろん、生姜が入った調味液に肉を漬け込むと、その柔らかさは特別なものになります。

そのため、粉を使うかどうかは個人の好みによります。

スポンサーリンク

小麦粉と片栗粉を使って作る違いは何か?

私は個人的に小麦粉を使用することを好みます。

その理由は、小麦粉を使うとソースが肉によく絡むからです。

料理が得意な叔母によると、「カリカリに仕上げたい時は片栗粉を、もっちりとした食感を求める場合は小麦粉が適している」とのことです。

実は、小麦粉にはたんぱく質が含まれており、これが肉の表面をコーティングして肉汁を閉じ込める役割を果たします。

その結果、肉はしっとりとした食感になるのです。

一方で、片栗粉は純粋なでんぷんから作られており、カリカリとした食感を生み出します。

小麦粉は粘り気があり、コーティングが剥がれにくいという特徴も持っています。

しかし、カリカリとした食感やトロミを好む場合は、片栗粉の使用がおすすめです。

スポンサーリンク

生姜焼きに片栗粉や小麦粉を使う調理方法とは?

片栗粉も小麦粉も、使い方はとてもシンプルです。

まず、肉を一枚ずつ広げます。

生姜焼き用の肉は、筋を切ることで縮みを防げます。

次に、片栗粉や小麦粉を肉に均等にまぶします。

茶こしを使って薄く塗ることで、均等な薄いコーティングができます。

小麦粉や片栗粉を肉にまぶした後、余分な粉はしっかりと払い落としましょう。

そして、その後すぐに調理を始めることがポイントです。

ただし、小麦粉は焦げやすいため、火加減には注意が必要です。

スポンサーリンク

生姜焼きでお肉の皮がブヨブヨになる理由は?

生姜焼きを作る際に、小麦粉や片栗粉を使うと、時々皮がブヨブヨになることがありますが、これには理由があります。

もしかすると、粉を多く使いすぎているのではないでしょうか?

私も肉を柔らかくするために小麦粉を使いますが、手間を省くために肉を袋に入れ、小麦粉を加えて振り混ぜ、余分な粉を取らずにそのまま調理したことがあります。

その結果、肉の表面がブヨブヨとした感じになってしまいました。

子供たちからも不評で、「気持ち悪い」と言われてしまいました。

さらに、ブヨブヨになった小麦粉の皮はすぐに剥がれ落ち、タレがうまく絡まず、濃いタレのせいで残念な生姜焼きになってしまいました。

原因は小麦粉を多く使いすぎたことでした。

リベンジ時には粉をしっかり落としてから調理したところ、ブヨブヨの皮ができることはありませんでした。

また、小麦粉をまぶしたらすぐに焼くことも重要です。

ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

生姜焼きに片栗粉や小麦粉をなぜ使うのかのまとめ

生姜焼きは、家庭によって味が異なるのが魅力です。

そのため、片栗粉や小麦粉を使わない家庭も珍しくありません。

しかし、生姜焼きの作り方に悩んでいた人の中には、片栗粉や小麦粉を使ってみたところ、思いのほか美味しくできたという経験を持つ人もいます。

これまで生姜焼き作りに自信がなかった方は、小麦粉や片栗粉を試してみることをおすすめします。

肉にこれらの粉をまぶして焼くだけで、生姜焼きの味がぐっと良くなる可能性があります。

おいしい生姜焼きで、食卓をもっと楽しい時間に変えてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました