PR

普通の鍋やフライパンを使った揚げ物の作り方とは?基本的なポイントと注意点をご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

「今夜の夕食に揚げ物を作りたいけど、一人暮らしで専用の揚げ鍋がない」ということもあるでしょう。

新しい鍋をわざわざ買うのは面倒ですし、家にある普通の鍋やフライパンで揚げ物を作れるかどうか、疑問に思う人も多いはずです。

この記事では、普通の鍋を使って揚げ物を作る際のコツや注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

普通の鍋で揚げ物はできるのか?

実は、家庭用の鍋でも十分に揚げ物を作ることが可能です。

しかし、どんな鍋でもいいわけではありません。

油をたくさん使うため、深めの鍋が適していますし、薄い鍋よりも厚みのある鍋が好ましいです。

また、底が平らな鍋が理想的です。

深めの鍋を推奨するのは、浅い鍋だと油が溢れるリスクがあります。

厚みのある鍋を選ぶ理由は、薄い鍋だと油の温度が急激に変わりやすく、温度管理が難しいためです。

慣れている人なら薄い鍋でも上手に揚げられるかもしれません。

ですが、初心者には厚みのある鍋がおすすめです。

底が平らな鍋のメリットは、均等な温度分布で揚げムラが少なくなることにあります。

丸底の鍋しかない場合でも、揚げ物を作ることは可能です。

小さなおかずを揚げる時は、小さめの片手鍋でも問題ありません。

少ない油で効率的に揚げることができ、便利です。

揚げ物をする際には、高温に耐えられる鍋を選ぶようにしましょう。

耐熱性が低い鍋を使うと、揚げ物に適さないため注意が必要です。

テフロン加工された鍋は、300度以上の高温でテフロンが損傷する可能性があります。

高温での使用には注意が必要です。

スポンサーリンク

普通の鍋で揚げ物をするコツとは?

普通の鍋を使って揚げ物をする際のポイントは、一度に多くの食材を入れないことです。

専用の揚げ物用鍋は、油の温度を一定に保つ設計になっており、多量の油を使うため、温度変化が少ないです。

しかし、普通の鍋で少量の油を使って揚げ物をする場合、食材を入れると油の温度が急激に下がり、適切な温度に戻るまで時間がかかることがあります。

これにより、揚げ物がカリッとせず、べちゃっとした食感になるリスクがあります。

油の温度をなるべく変えないように、食材を少しずつ加えることが大切です。

また、温度管理にも注意が必要です。

揚げ物の状態を見ながら、焦がさないように火加減を調整してください。

スポンサーリンク

フライパンで揚げ物は可能なのか?

フライパンを使っても揚げ物は可能です。

我が家では、揚げ物と言えばフライパンを使用します。

専用の揚げ物用鍋がなくても、大きなフライパンを使えば、家族4人分の揚げ物を一度に行うことができ、非常に便利です。

多くの量を揚げる際はフライパンが適していますが、少ない量なら普通の鍋を使うことで油を節約しながら揚げ物を作ることができます。

小さいフライパンを選ぶ手もありますが、サイズが小さすぎるとコンロでの安定性が損なわれ、揚げ物をする際には危険が伴うことがあります。

スポンサーリンク

フライパンで揚げ物をするコツと安全対策とは?

フライパンを使った揚げ物では、油をたくさん使わずに約1センチの油で料理ができます。

この方法のコツは、食材を頻繁にひっくり返すことです。

たとえば、唐揚げは返しやすいですが、かき揚げなどは、下がしっかり固まるまで待ってから返す必要があります。

この方法を取ることで、少ない油でも外側はカリッと、中はジューシーに仕上がります。

安全面では、普通の鍋と同じように温度管理が大切です。

また、フライパンの長い取っ手には特に注意が必要で、調理中に引っ掛けると危険です。

取っ手はコンロから離れた方向に向けて、引っ掛かりを防ぎましょう。

スポンサーリンク

専用の鍋がなくても揚げ物は可能

揚げる量に応じて、鍋かフライパンを選ぶことで効率的に料理ができます。

どちらを使用する場合も、高温の油を扱うので、調理時には鍋に引っ掛かることや水分の飛散に注意してください。

タイトルとURLをコピーしました