PR

唐揚げの漬け込み時間で1日すると味はどう変わるのか?一晩漬けるのは適切なのか調査!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

家庭の食卓やお弁当でよく見かける唐揚げは、多くの人々に愛されています。

唐揚げを作る際、どれくらいの時間、下味を漬け込むかは、よく迷うところです。

事前に漬け込んでおくと便利ですが、長時間漬けすぎると味が強くなりすぎることもあります。

一方、揚げる直前に漬け込む計画が、忙しさに追われて忘れられることもあります。

家庭によって、理想の唐揚げの漬け込み時間は異なります。

今回は、唐揚げの漬け込み時間が味にどのような影響を与えるのかを探ります。

スポンサーリンク

唐揚げの漬け込み時間を1日するとどうなるのか?

多くの唐揚げレシピでは、2~3時間の漬け込み時間が推奨されていますが、一晩漬け込むのも間違いではありません。

濃い味の唐揚げが好みの場合、一晩漬け込むことで、より風味豊かな唐揚げを作ることができます。

ここで重要なのは「一晩」の定義です。

「一晩」とは、おおよそ8~10時間のことを指します。

例えば、夜に下味をつけて、翌朝お弁当用に揚げるという流れです。

ただし、「1日」となると漬け込み時間が長くなりすぎるため、注意が必要です。

唐揚げを作る際、下味を長時間漬け込むことは、鶏肉のジューシーさを損なう原因になります。

この理由は、鶏肉と下味の液体の間で生じる浸透圧の影響により、鶏肉の内部の旨味成分が外に流れ出し、結果的に乾燥した唐揚げができあがるためです。

一晩漬け込むことは適切な時間ですが、それ以上長く漬け込むのは避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

唐揚げの漬け込み時間とその影響とは?

下味を長時間漬け込むと、唐揚げに深い味わいがつくと思いがちですが、実際はそう単純ではありません。

長時間漬け込むと、味は強くなるものの、塩分が強調されて塩辛い唐揚げになりがちです。

一般的な下味レシピでは、醤油をベースにニンニクやしょうがを加えることが多いですが、長時間漬け込むとこれらの風味が薄れ、塩辛さが目立つようになります。

これは、前述の浸透圧の影響で、塩分が鶏肉の旨味成分を外に引き出し、結果的に塩味が強くなるためです。

また、唐揚げの下味レシピは、指定された漬け込み時間に基づいて作られているため、その時間を守ることが重要です。

当レシピでは、15分から20分という短い時間で唐揚げの味をしっかりと染み込ませるために、濃厚な調味液の配合を推奨しています。

一方で、1日など長い時間をかけて漬け込む場合は、醤油などの塩分を控えめにし、味の浸透を穏やかにすることが大切です。

これにより、うまみと塩味が均等になり、より深い味わいが生まれます。

スポンサーリンク

唐揚げの下味をつける際に必要な材料と道具とは?

唐揚げの下味を作るためには、どんな材料や道具が必要かをここで紹介します。

唐揚げの下味に必要な材料

唐揚げの下味には、主に醤油、生姜、酒の3つの材料が必要です。

醤油は味の基盤を作り、酒と生姜は鶏肉の臭みを消し、風味と旨味を加えて肉を柔らかくします。

これらの材料がないと、本格的な唐揚げの味は出ません。

醤油は地域によって異なるものを使うこともでき、忙しい時はチューブの生姜を使うこともできます。

味の微調整は、これらの材料の量を調整することで行います。

唐揚げの下味をつけるのに必要な調理道具

唐揚げを作る際には、特に2つの道具が必要です。

それはジップロックバッグとフォークです。

ジップロックバッグは、肉と調味料を混ぜて下味をつけるのに便利です。

一方、フォークは肉を柔らかくし、下味が染み込みやすくするために使います。

ジップロックバッグを使うメリットは、手を汚さずに済み、後片付けも楽なことです。

また、フォークは肉に穴を開けることができ、下味がより浸透しやすくなります。

穴を開ける作業は少し手間がかかるものの、フォークを使えば多くの部分に穴を開けることができ、それなりの力を加えても曲がる心配が少ないです。

この方法で肉を柔らかくし、下味がよく染み込むようになります。時間があるときに試してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

絶品唐揚げのための下味のレシピとは?

下味をつける時間の重要性を理解した上で、おいしい唐揚げのレシピをご紹介します。

まず、鶏もも肉300gを用意し、フォークなどで穴を開けた後、食べやすい大きさに切ります。

次に、以下の調味料を混ぜ合わせて肉に漬け込みます。

どのレシピでも漬け込み時間は約30分です。

この時間を守って揚げることで、最高の味わいが得られます。

定番の進化形!シンプルで絶品の唐揚げ

【材料】

しょうゆ・・・・・・50cc
おろし生姜・・・・・大さじ1
おろしニンニク・・・大さじ1

定番の味わいを保ちながら、シンプルでありながら絶妙な唐揚げが完成します。

カリッとした外側が好みの場合は、片栗粉を使い、サクサクでジューシーな仕上がりを求めるなら、小麦粉を使用して揚げましょう。

爽やかでピリッとした風味!塩とニンニクの唐揚げ

【材料】

チキンスープの素・・・小さじ1/2
日本酒・・・・・・・・大さじ1
ゴマ油・・・・・・・・大さじ1
おろしニンニク・・・・大さじ1
ブラックペッパー・・・適量

普段のしょうゆをベースにした唐揚げに変わり映えを加えたい時には、ニンニクとブラックペッパーを効かせた中華風の唐揚げがお勧めです。

日本酒を紹興酒に変えることで、さらに本格的な味わいを楽しむことができます。

粉をまぶす際に、ゴマを加えて一緒にまぶすと良いでしょう。

魅力的な辛さ!韓国スタイルの唐揚げ

【材料】

日本酒・・・・・・大さじ2
コチュジャン・・・小さじ2
ごま油・・・・・・小さじ1
しょうゆ・・・・・小さじ1
おろし生姜・・・・小さじ1
おろしニンニク・・小さじ1

このレシピのポイントは、コチュジャンを使ったピリ辛の下味です。

これにより韓国風の風味が生まれます。

辛いものが好きな方は、追加で豆板醤小さじ1を入れて、より刺激的な味わいにすることができます。

辛さが苦手な方は、はちみつ大さじ1を加えることで、辛さを和らげることができます。

スポンサーリンク

唐揚げのバリエーションレシピ

毎日の唐揚げも、たまには変化をつけてみてはいかがでしょうか?

ここでは、特に人気のある唐揚げのアレンジレシピを2つご紹介します。

1. 手軽に楽しむ!フライパンで作る唐揚げ

まずは、フライパンで作る唐揚げのレシピです。

材料(2人分)

鶏もも肉・・・・・・・1枚
塩と胡椒・・・・・・・適量
卵・・・・・・・・・・1/2個
薄力粉・・・・・・・・大さじ1
片栗粉・・・・・・・・適量
サラダ油・・・・・・・大さじ3

【A】
ニンニク(おろし)・・1片
生姜(おろし)・・・・小さじ1
しょうゆ:・・・・・・大さじ1
砂糖・・・・・・・・・小さじ2
日本酒・・・・・・・・大さじ1

【調理手順】

まず、鶏もも肉を一口大に切り、塩と胡椒で下味をつけた後、Aの調味料を加えてよく揉み込みます。

次に、溶き卵を加えてさらに揉み込み、その後、15~20分間冷蔵庫で休ませます。

冷蔵庫から取り出したら、薄力粉を加えて均一に混ぜ合わせます。

フライパンに油を入れ、高温で熱した後、鶏肉に片栗粉をまぶして中火でじっくり焼きます。

焼きながら何度か返し、全体に火が通ったら完成です。

調理時間は、冷蔵庫での待ち時間を含めて約30分~35分です。

この時間なら、他の料理を先に作っておき、最後に唐揚げを仕上げることができます。

このレシピでは、通常の揚げ方でも良く、火加減は焼き色を見て弱火~中火で調整します。

揚げ物の後の油の処理は面倒ですが、この方法なら油の使用量も少なく、サクサクとした食感が楽しめます。

2. チキン南蛮風のから揚げ

次に、チキン南蛮風の唐揚げの作り方です。

【材料】(4人分)

鶏もも肉・・・・2枚
片栗粉・・・・・適量
油・・・・・・・適量

【A】
酒・・・・・・・大さじ2
しょうが汁・・・小さじ1
しょうゆ・・・・大さじ1

【B】
ネギ・・・・・・1/2本
ごま油・・・・・大さじ3
だし・・・・・・1/4カップ
しょうゆ・・・・大さじ1と2/3
砂糖・・・・・・大さじ1
酢・・・・・・・大さじ1と2/3

【調理手順】

まず、鶏もも肉1枚を8つにカットし、ボウルに入れます。

そこにAの調味料を加え、よく混ぜ合わせた後、5分ほど置いて味を染み込ませます。

次に、ネギを細かく切り、別のボウルに入れます。

そのネギにごま油を加え、潰しながら混ぜ合わせた後、Bの残りの調味料を加えてさらに混ぜます。

その後、先ほどの鶏肉に片栗粉を振りかけ、よく混ぜ合わせます。

油を170~180℃に熱し、鶏肉を5分間揚げ、きれいな色になるまで調理します。

最後に、揚げた唐揚げに先のタレを絡め、盛り付ければ完成です。

このレシピの調理時間は約15分で、通常の唐揚げよりも手早く作れるのが特徴です。

重要なポイントとして、南蛮タレ用のネギは水にさらさず、そのままごま油で和えること、そして片栗粉は下味の液体がなくなる程度に加えることがポイントです。

レシピには「適量」と記載されている部分もありますが、このような具体的な指示があると作りやすいですね。

さらに、このレシピでは短時間で多量を作ることが可能なので、翌日のおかずやお弁当にもぴったりです。

揚げ物が好きな方には、この唐揚げレシピをお勧めします。

スポンサーリンク

唐揚げの漬け込み時間で1日すると味はどう変わるのかのまとめ

唐揚げを作る際、重要なステップは下味をつけることです。

多くの人は、漬け込む時間が長いほど味が良くなると考えがちですが、実際には塩分が多くなりすぎたり、風味が失われることもあります。

そのため、漬け込む時間は最大でも1日にすることが望ましいです。

基本の下味レシピをご紹介した後、カレー粉や山椒、ゆず胡椒など、家庭にある調味料を加えることで、普段とは異なる味わいの唐揚げを作ることができます。

さまざまな下味のバリエーションを適切な時間で漬け込むことで、多様な風味の唐揚げを楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました