PR

縦書きの封筒に番地を記入する正しい方法!漢数字は使うべき?

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

縦書きで封筒に住所を記入する際は、漢数字の使用が推奨されています。

しかし、漢数字を使うと読みにくいと感じることはありませんか?

特に就職活動やビジネス文書の場合、書き方が適切かどうか気になるものです。

この記事では、封筒の縦書きにおける住所や宛名の記入方法についての疑問を解消します。

「御中」と「様」の使い分けは?「在中」はどこに書くべき?

そして、数字はどのように縦書きするのか?

これらの疑問に詳しく答えていきますので、内容をゆっくり確認してください。

スポンサーリンク

縦書きの封筒で、2桁または3桁の番地はどう書く?

縦書きで住所を書く際、通常は漢数字を使いますが、注意が必要です。

漢数字で番地を書く際のポイントを以下に挙げます。

2桁以上の数字を漢数字で書く場合

2桁以上の数字は、「十」や「百」などの位を省略することがあります。

例えば、「33」は「三三」、「276」は「二七六」と記入します。

これにより、一見して桁数を間違えずにスムーズに理解できるようになります。

配達員にも読みやすい形で記入することが重要です。

「〇」の表記方法

通常、「0」は「〇」と表記されます。

この形は漢数字の「〇」とも呼ばれており、意外と多くの人が知らないかもしれません。

スマホやパソコンでこの文字を入力してみると、その表記が確認できます。

漢数字の並びでの注意点

時々、漢数字の「一」「二」「三」などが続く住所や部屋番号に出会うことがあります。

例えば、「323」を「三二三」と変換し、縦書きで表記される場面を想像してみてください。

一連の横棒で混乱しやすくなります。

これらが並ぶ際には、文字間を広く取る、横棒の長さを明確にするなどの工夫で、視認性を高めましょう。

スポンサーリンク

封筒の宛名に「御中」と「様」の使い方

封筒の宛名を書く際には、「御中」と「様」を最後に添えますが、使い分けが必要です。

「御中」は団体宛てに、「様」は個人宛てに使用する敬称です。

それでは、具体的に説明していきましょう。

「御中」の使用法

「御中」は、企業や学校、官公庁などの団体名の後に使われる敬称です。

社会人として活動が始まると、この表記をよく目にすることになります。

宛名を書く際は、少し空白を空けてはっきりと表記し、文字の大きさは宛名と同様にします。

「様」の使用法

私たちが日常的によく見かける敬称「様」は、個人に対して使うもので、様々な場面で活用できますね。

それに対し、「御中」は使用するシチュエーションが異なります。

例えば、会社宛の郵便物には「〇〇会社〇〇部署〇〇様」と具体的に記載すると良いですよ。

そうすることで、その郵便物が正確に届けられることを保証できます。

書き方や配置についての疑問、在中の正しい使い方

宛名の書き方はこれでOKですが、「在中」の意味や使い方について疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

ご安心ください。その書き方は非常にシンプルです。

「在中」は封筒の中身が何であるかを一目で分かるようにするためのものです。

たとえば、「履歴書在中」や「応募書類在中」などと封筒の左下に記入します。

書く際には、赤いペンを使って「〇〇在中」とはっきりと記し、四角い枠で囲むのが一般的です。

赤色で目立たせ、定規を使って綺麗に見せることがポイントです。

これらを記載しておくと、郵送中も丁寧に扱われ、受け取る側が迅速に対応できるので安心です。

スポンサーリンク

縦書きの住所における数字の適切な表記方法は何か?

先述したように、住所を縦書きにする場合、漢数字を使用するのが一般的です。

特にビジネスシーンで推奨される慣習であり、重要な書類を送る時や就職活動をしている場合は、上司に確認するか、専門書籍で情報を得ることをお勧めします。

ただし、日本郵便の公式サイトには縦書きでも算用数字を使用している例も見られ、視認性を考慮すると算用数字の方が適切な場合もあります。

状況に応じて数字の表記方法を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

封筒の裏側にも縦書きで郵便番号を記入しても良いのか?

封筒の表面には郵便番号を記入するための枠が設けられていますが、裏面にはそのような枠が通常ありません。

基本的に表面と同様に横書きが標準ですが、特に禁止されているわけではありません。

縦書きで記入を希望する場合や必要な場合は、漢数字を用いて分かりやすく記入しましょう。

ただし、ビジネスマナーを守ることも重要です。

迷った時は、左側に郵便番号枠がある標準的な封筒の使用が安心です。

封筒の記入方法には絶対的な正解はなく、場面に応じた注意が求められます。

タイトルとURLをコピーしました