PR

ホームセンターでの乾電池回収に関する調査‼カインズやコーナンなどを例にご紹介

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

多くのホームセンターでは、乾電池の回収サービスは提供されていないのが普通です。

ただし、カインズのような一部の店舗では、乾電池を回収するための専用ボックスが設置されていることがあります。

通常、乾電池の処分は地方自治体が行っており、ホームセンターで回収されることは珍しいです。

それにもかかわらず、一部の消費者は、指定された日にごみとして出すよりも、ホームセンターで回収してもらいたいと考えています。

この記事では、乾電池を回収しているホームセンターについて調査しました。

スポンサーリンク

乾電池回収サービスを提供しているホームセンター

乾電池を回収しているホームセンターには、カインズや北海道のジョイフルエーケーなどがありますが、これらは例外で、多くのホームセンターでは回収を行っていません。

一般的には、乾電池は自治体が回収し、ボタン電池や充電池はホームセンターや家電量販店が回収することが多いです。

ホームセンターで乾電池を回収できれば、買い物の際に便利に処分できますが、そのような店舗はまだ少ないです。

それでも、乾電池を回収しているホームセンターを探してみました。

カインズにおける乾電池回収

カインズでは、乾電池やボタン電池の回収を行っています。

回収ボックスが見つからない場合は、店内のサービスカウンターで回収してもらえます。

乾電池を持ち込む際は、絶縁処理が必要です。

これは、乾電池のプラスとマイナスの端子にセロハンテープを巻くという簡単な作業です。

以下は、指定されたキーワードを保持しつつ、原文の内容を変更せずに自然な日本語にリライトした文章です。

北海道のジョイフルエーケー

北海道にあるホームセンター「ジョイフルエーケー」では、乾電池の無料回収サービスを実施しています。

乾電池を回収してほしい場合は、店内のサービスカウンターや販売員にお申し出ください。

家電専門のノジマ

家電専門店のノジマは、主に神奈川県を中心に、東京、埼玉、千葉、静岡にも店舗を構えています。

ホームセンターではありませんが、乾電池を含む各種電池の回収サービスを提供しています。

店舗によっては、回収ボックスが設置されており、サービスカウンターへの持ち込みも可能です。

ビバホーム

ビバホームの一部店舗では、乾電池の無料回収を行っています。

回収ボックスを探すか、サービスカウンターに直接持ち込んでください。

ムサシのアークランズ

ムサシのアークランズは、店舗によって乾電池の回収を実施しており、特に新潟市や佐渡市では乾電池回収の主要拠点となっています。

コーナン

コーナンの一部店舗では、乾電池の回収を行っています。

福岡市の店舗では、自治体指定の乾電池回収拠点として機能していることがあります。

回収サービスの有無は店舗によって異なるので、訪問前に電話での確認が推奨されます。

ナフコ

ナフコの店舗によっては、自治体の乾電池回収場所として機能していることがあります。

スポンサーリンク

ホームセンター以外での乾電池回収

ホームセンターでの乾電池回収は一般的ではないものの、多くの自治体では乾電池の回収を行っています。

乾電池の廃棄方法については、まず地方自治体に問い合わせることがおすすめです。

地域によっては、ゴミ収集所で処理できる場合もありますし、市役所や地域のコミュニティセンターに設置されている専用の回収ボックスを利用することも可能です。

乾電池は地方自治体での回収が一般的ですが、小型家電やボタン電池、充電式電池に関しては、ホームセンターや大型家電店での回収が適しています。

大型家電店では、乾電池の回収サービスも提供されていますが、提供している店舗は限られていることがあります。

特に、ボタン電池や充電式電池は自治体では回収されにくいため、これらを無償で回収している家電店もあります。

例えば、ケーズデンキやエディオンでは、ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、ボタン電池の回収を行っています。

自治体で回収されない電池の回収場所を探す際は、専用のウェブサイトを参照すると良いでしょう。

【JBRC協力店・協力自治体検索】や【ボタン電池回収場所検索】などのサイトが役立ちます。

スポンサーリンク

乾電池の廃棄について

多くの地域では、乾電池は普通のゴミとして回収されることが一般的です。

地元の自治体のウェブサイトや市役所で、適切なゴミの分別方法に関する情報を得ることが可能です。

乾電池を捨てる際には、安全を考慮して、セロハンテープで電池のプラス端子とマイナス端子を覆い、絶縁することが推奨されています。

乾電池以外にも、ボタン電池やリチウムイオン電池など、さまざまなタイプの電池があります。

これらの乾電池以外の電池は、通常のゴミとして処理できないことが多く、注意が必要です。

ボタン電池は、電卓や時計などに使われる小さな円形の電池です。

一方で、リチウムイオン電池は、スマートフォンやモバイルバッテリーなどに使用されています。

自治体で回収されないこれらの電池は、ホームセンターや大型電気店で回収されることがあります。

たとえば、ケーズデンキやエディオンでは、乾電池以外の電池も回収しています。

回収場所が不明な場合は、自治体に問い合わせると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました