PR

ドコモの電話番号変更に伴う注意点と対応ガイドをご紹介‼

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ドコモの携帯番号を新しくする際に生じる問題やデメリットについて、詳しくご説明します。

新しい番号への変更がもたらす影響、例えばメールアドレスの変更やアプリデータの移行など、重要なポイントを分かりやすく解説します。

また、ドコモの電話番号を新しくした後に行うべき手順もご紹介しますので、変更を考えている方は是非参考にしてください。

この記事では、電話番号を新しくすることの困りごとやデメリットを詳しく説明し、各キャリアの電話番号変更に関する手数料についても触れています。

スポンサーリンク

ドコモの電話番号を新しくする際のデメリット

ドコモの携帯電話番号を新しくする際のデメリットを以下にご紹介します。

主なポイントは以下の通りです。

・メールアドレスや迷惑メールフィルターの設定がリセットされる
・有料サービスの支払いや課金に影響が出る可能性
・アプリのデータ移行が必要になること
・連絡先データの消失のリスク
・新しい番号が以前に問題を起こした番号である可能性
・時間と費用がかかること

メールアドレスや迷惑メールフィルターの設定がリセットされる

番号を変更する際、ICカードの更新も必要になります。

これによりメールアドレスが変更され、迷惑メールの設定もリセットされるため、注意が必要です。

メールの受信が一時的にできなくなる可能性があるため、メールで頻繁に連絡を取り合っている人には、新しい電話番号とメールアドレスを早めに伝えることをお勧めします。

メールと留守番電話のメッセージが消えるリスクについて

ドコモのサービスを使用している際、電話番号を新しくすると、今までのメールや留守番電話のメッセージが自動的に削除されることがあります。

大切なメールについては、なくなる前にバックアップを取ることを推奨します。

有料サービスの自動解約とウェブサイトからの自動退会

電話番号を変更すると、加入中の有料サービスが自動で解約されることがあります。

また、電話番号やキャリアメールで登録しているウェブサイトからも、変更によって自動的に退会する可能性があります。

そのため、事前に各サービスの規約を確認することが大切です。

アプリデータの移行が必要かもしれません

LINEなどのアプリのデータ移行が心配されることがありますが、2023年現在、同じ携帯を使い続けて電話番号を変える場合、LINEの番号変更は設定メニューから簡単にでき、データの引継ぎも可能です。

電話番号を変更した後のLINEのデータ移行について、後で詳しく説明します。

連絡先データが消える可能性

例えば、iPhoneで電話番号を変更すると、連絡先データが消えてしまうことがあります。

このリスクを避けるためにも、変更前にデータのバックアップを取ることが賢明です。

新しい電話番号のリスク

電話番号は通常、他の人に再利用されることが多いです。

そのため、新しく変更した電話番号が以前にトラブルに巻き込まれた番号である可能性があります。

例えば、ストーカー被害や犯罪に関連する番号の可能性も否定できません。

不運にも問題のある番号を受け取ってしまった場合、着信拒否設定などの対応策はありますが、根本的な解決にはなりません。

特に必要がない限り、電話番号の変更は避けた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

ドコモの携帯番号を新しくする際の費用について

ドコモで携帯電話番号を新たに設定する場合、2,000円の手数料がかかります。他の通信キャリアとの比較をしてみましょう。

・ドコモ   :2,000円
・au     :2,000円
・ソフトバンク:3,000円
・ワイモバイル:3,000円

これらは事務手続きのための料金で、各キャリア間で大きな違いはありません。

電話番号を変更する際の手数料は、変更月の携帯料金に加えて請求されます。

スポンサーリンク

携帯番号を変更する前に準備すべきこと

携帯番号を変更する前に、いくつかの準備をしておくことをお勧めします。

以下にそのリストを示します。

・重要なメールはSDカードなどにバックアップを取る

・電話帳もSDカードなどでバックアップを取る

・電話番号やキャリアメールを使用して登録しているサービスの規約を確認し、番号やメールアドレスの変更によってサービスが解除されないかをチェックする

これらの点について、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

重要なメールや連絡先の安全な保存方法

重要なメールは、以前のメールアドレスが使えなくなる可能性があるため、携帯電話やSDカードに保存しておくことを推奨します。

SDカードは取り外しが可能で、他の用途にも便利なため、一つ持っておくと良いでしょう。

また、連絡先はスムーズに移行できることもありますが、念のためバックアップを取っておくことが賢明です。

ゲームや音楽サービスの利用規約の再確認

電話番号を使用して登録している有料アプリや音楽サービスがあれば、電話番号の変更が支払いに影響を与える可能性があります。

電話番号を変更する際は、これらのサービスの支払いに支障が出ないよう、事前に確認することが重要です。

スポンサーリンク

携帯電話番号を変更した後に行うべきこと

携帯電話番号を変更した後には、以下のステップを踏むことが推奨されます。

1. 新しい電話番号を友人、家族、企業などの連絡先に伝える。

2. 銀行、保険会社、公共料金関連のサービス、クレジットカード会社などに連絡し、登録している電話番号を更新する。

3. LINEなどのアカウントに新しい電話番号を登録する。

4. 電話番号を使用して登録したウェブサイトやアプリは、新しい番号に更新する。

5. キャリアメールを使用して登録したウェブサイトやアプリは、新しいメールアドレスに更新する。

6. 自動的に解約された有料コンテンツを再登録する。

これらのステップを一つずつ丁寧に行うことで、電話番号の変更に伴う問題を避けることができます。

LINEアカウントを新しい電話番号に更新する方法

多くの人が気になるかもしれないLINEのアカウント設定についてです。

携帯電話の機種を変えずに電話番号を変更した場合、LINEはどうなるのかという疑問があるでしょう。

以前はこの作業に手間がかかりましたが、今では電話番号を変更した後、LINEの設定メニューを通じて新しい番号に簡単に更新することができます。

更新手順

1. LINEアプリを開きます。

2. 「設定」メニューから「アカウント」を選択します。

3. 「電話番号」を選んで、新しい番号を入力します。

4. SMSによる認証を行います。

これで、これまでのチャット履歴やデータを引き続き使用することができます。

電話番号の変更を連絡先リストにある人々や企業に通知する

電話でのやり取りがある人々や企業には、新しい電話番号を伝えるのが礼儀です。

銀行や保険会社、公共料金、クレジットカード会社への電話番号変更通知

すぐに行う必要があるかどうかは一概には言えませんが、後回しにすると忘れがちです。

特に金融関係の会社では、何か問題が発生した際に連絡が取れないと困ることがあります。

携帯番号を登録している金銭関係のサービスについては、早めに連絡先情報を更新することをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、新しい携帯電話番号への変更時に遭遇する可能性のある問題やデメリットについて説明しています。

・メール設定と迷惑メールフィルターの再設定
・留守番電話やメールのデータの消失
・サブスクリプションサービスやウェブサイトの自動解約
・アプリデータの移行に関する問題
・連絡先データの喪失(特にiPhoneの場合)
・新しい番号が前の所有者の問題を引き継ぐ可能性

これらは主要な懸念点です。

番号変更の手数料は、だいたい2000円から3000円です。

変更前には、重要なメールや連絡先をバックアップすることが重要です。

また、サブスクリプションサービスや登録済みウェブサイトの自動解約についても、確認することをお勧めします。

意外と見落とされがちなのが、LINEなどのアプリでのデータ移行設定の事前準備です。

これを忘れずに行いましょう。

新しい番号に変更した後は、連絡先リストにある人々や企業、銀行、保険会社などに新しい番号を知らせることが大切です。

また、登録しているウェブサイトやアプリで、電話番号やメールアドレスを更新してください。

番号変更の手続き自体は約30分で完了しますが、事前準備や変更後のフォローアップには手間がかかります。

定期的にバックアップを取り、電話番号の変更などの緊急時に備えることが望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました