PR

クーベルチュールチョコレートは直接食べられる?使用時のポイントとは?

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

クーベルチュールチョコレートは、主に製菓用として使われることが多く、洋菓子店やチョコレート専門店で特に好まれています。

このチョコレートは、一般的には業務用として知られており、多くの人は製菓用に特化している理由に疑問を持つかもしれません。

手作りチョコレートに興味を持つ人々の中には、クーベルチュールチョコレートに注目する方も多いでしょう。

そんな魅力的な製菓用チョコレートについて、ここで詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

直接食べられるか?

市販の一般的なチョコレートと同じように、製菓用チョコレートもそのまま食べることが可能です。

このカテゴリーで特に有名なのが、クーベルチュールチョコレートです。

クーベルチュールチョコレートは、日本のチョコレートと異なり、カカオ含有量やココアバターの割合、代用油脂を使用しないなど、国際基準に基づいて厳格に定められています。

これらの基準を満たすものだけがクーベルチュールチョコレートとして認められています。

製菓用チョコレートは、原材料や製造過程が通常のチョコレートとは異なることがありますが、基本的な製造工程は同じなので、そのまま食べることは可能です。

多くの洋菓子店やチョコレート専門店では、クーベルチュールチョコレートを使用して、さまざまなチョコレート製品を作り出しています。

このチョコレートは直接食べることもでき、他の成分と組み合わせることで、多彩な味わいを楽しむことができます。

スポンサーリンク

製菓に最適なチョコレートの推奨

洋菓子店やチョコレート専門店でよく使われるのは、高品質なクーベルチュールチョコレートです。

このチョコレートは高級チョコレートの製造にも用いられ、その豊かな風味は想像以上です。

手作りチョコレートを楽しむ人や、普段からチョコレートを好んで食べる人にとって、この製菓用チョコレートは特におすすめです。

ただし、元々は業務用として開発されたものなので、いくつか注意点があります。

スポンサーリンク

クーベルチュールチョコレートの製菓用途における特性

味わいと口溶けの優れた特徴

クーベルチュールチョコレートが洋菓子店やチョコレート専門店で好まれる理由は、カカオバターという高品質な原材料を豊富に使用しているからです。

カカオバターの高い含有量と代用油脂を使わない製法により、滑らかで口の中で溶けやすいチョコレートが生まれます。

これにより、カカオの風味を存分に楽しみながら、すばやく溶ける口溶けの良さを体験できます。

クーベルチュールチョコレートの魅力は、その滑らかさにもあります。

ココアバターを豊富に含むことで、溶けた際になめらかで流れるような質感を持つチョコレートが生まれます。

このため、洋菓子店やチョコレート専門店では、美味しさはもちろん、加工のしやすさや扱いやすさの点でも、クーベルチュールチョコレートが好まれています。

自分の好みに合わせてカカオ分や種類を選べる

カカオ分や産地による多様性は、製菓用クーベルチュールチョコレートを選ぶ際の大きな魅力です。

好みに応じてさまざまなカカオ分を選べるのは、製菓用チョコレートの特長の一つです。

カカオ分や使用される原材料の違いによって、チョコレートの特性は大きく異なります。

チョコレート製造の過程では、カカオ豆の特性に合わせて焙煎や精製の工程で時間や温度を細かく調整し、カカオの独特な風味や香り、苦味や酸味を適切に引き出しています。

チョコレートの風味は、使用されるカカオ豆の種類や産地、そしてそれを扱うチョコレート原料メーカーの独自の製造技術によって、多様な味わいに変化します。

クーベルチュールチョコレートは、高いカカオ分を含むため、その風味や香りが特に際立っています。

メーカーによって、カカオの特有の香りや苦味、コクの強さは異なり、自分好みのチョコレートを見つける楽しさがあります。

食べやすさを追求したチョコレート

多くのクーベルチュールチョコレートは、小さくて薄いコインのような形をしています。

これらは主に製菓用に作られており、溶かしたり量ったりする際に扱いやすいように設計されています。

製菓用チョコレートは、形や大きさ、種類によってコイン、フェーブ、タブレットなどと呼ばれ、薄くて小さい形のチョコレートが包装されています。

そのまま食べると、一口サイズで口どけが良く、クーベルチュールチョコレートの美味しさを十分に楽しむことができます。

価格について

製菓用チョコレートは高品質なチョコレート製造によく使われ、一般的なチョコレートより少し高価です。

しかし、このタイプのチョコレートは大量に販売されるため、グラム単価では手頃な価格のものも多くあります。

種類によっては、通常のチョコレートとほとんど価格差がないこともあります。

高品質な原材料と独特の風味を考えると、価格は比較的リーズナブルと感じる人も多いでしょう。

例えば、一粒数百円する高級チョコレートに比べれば、クーベルチュールチョコレートはそれほど高価ではありません。

カカオポリフェノールなどの成分は、主にカカオマスに含まれていることが知られています。

健康を考慮してチョコレートを選ぶ際には、カカオマスの含有量が比較的少ないミルクチョコレートやホワイトチョコレートよりも、カカオ分が豊富なビターチョコレートが推奨されます。

スポンサーリンク

製菓用チョコレートの購入時の注意点

温度管理の重要性

クーベルチュールチョコレートは、カカオ分やココアバターを多く含んでいるため、品質を維持するには適切な温度管理が必要です。

特に温度変化が大きい季節には、チョコレートがブルームという劣化現象を起こすことがあります。

これは主に輸送や保管の方法によって生じることが多いです。

ブルームはチョコレートの風味や外観に影響を及ぼしますが、食べられなくなるわけではありません。

クーベルチュールチョコレートは、開封前でも開封後でもブルームの影響を受けやすいので、購入時には特に注意が必要です。

チョコレートの美味しさを高めるテンパリング

チョコレートを溶かした後、再度固める際には、テンパリングというプロセスが非常に重要です。

この工程はクーベルチュールチョコレートにも適用され、見た目や味わいに直接影響を及ぼします。

特に製菓用のクーベルチュールチョコレートは、テンパリングや温度管理など特別な技術が求められるため、扱いが難しいとされています。

ただし、チョコレートを溶かさずに、開封後そのまま固形で食べる場合は、基本的にテンパリングは必要ありません。

しかし、テンパリングは味覚において重要な役割を果たし、時間が経過するとチョコレートの品質が低下することや、テンパリングを必要としないチョコレートも存在することから、可能であれば行うことが推奨されます。

さらに、テンパリングを施すことで、ブルームと呼ばれる現象を改善することができます。

業務用サイズについて

製菓用チョコレートを選ぶ際、気になる点の一つは、大容量のサイズを消費できるかどうかです。

業務用のチョコレートは通常、1キログラム程度のサイズで提供されており、チョコレートの加工には、テンパリングのように、適量の使用が必要です。

チョコレートは水分を含まず、製菓用チョコレートのように純粋なチョコレート原料のみの場合、適切な温度で保存することで長期間保管することが可能です。

さらに、製菓用チョコレートのパッケージは、何度も開封することを想定してジッパー付きで密閉可能な設計になっているため、少量ずつ「そのまま」食べることも可能です。

ただし、品質の劣化を防ぐためには、開封後はできるだけ早く使い切ることが推奨されます。

自宅で手作りチョコレートを作ってみるのも、楽しい体験になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました