PR

クーラーボックスは冷凍庫として使える?代わりになるのかその保冷効果の持続時間をご紹介!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

冷蔵庫が故障したり、新居に引っ越して新しい冷蔵庫に替える際、元の冷蔵庫に入っていた食品をどう扱うかは一つの問題です。

このような時、多くの人はクーラーボックスを活用することでしょう。

また、電気代の高騰に伴い、節電を意識する人も増えています。

このような状況下で、クーラーボックスが冷蔵庫の代わりとして役立つことがあります。

しかし、冷蔵庫には冷凍機能もあることを忘れてはなりません。

では、クーラーボックスは冷凍庫としても機能するのでしょうか?

さらに、クーラーボックスを使用した冷凍保存はどのくらいの期間持続可能なのでしょうか?

この記事では、これらの疑問に対して詳しく調査し、解説していますので、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

クーラーボックスを冷凍庫の代わりとして使用することは可能か?

アウトドアでよく使われるクーラーボックスですが、アウトドア以外のシーンでも大いに役立ちます。

例えば、家に冷蔵庫がない時です。

冷蔵庫が故障したり、新居への引っ越しで新しい冷蔵庫が届くまでの間、冷蔵庫を使えないことがあります。

特に故障の場合、冷蔵庫内の食品や飲料はそのまま放置されがちです。

そんな時に便利なのがクーラーボックスなのです。

食品や飲み物を一時的に保存する際、クーラーボックスを使うと品質を保つことができます。

しかし、クーラーボックスが冷凍庫の完全な代替品となるかというと、いくつかの点で留意が必要です。

冷凍庫は冷蔵庫よりも低い温度を維持する必要がありますが、クーラーボックスではこれが完璧にはできないことがあります。

クーラーボックスを冷凍庫の代わりに使う場合、効果は短期間に限られることが多いです。

ただし、クーラーボックスの種類によっては、冷凍庫の代わりにある程度機能することもあります。

ここで大切なのは、クーラーボックスの種類と素材です。

ソフトタイプとハードタイプがあり、素材によって保冷効果は異なります。

しかし、冷凍庫と同じ性能を期待するのは難しいでしょう。

結論として、クーラーボックスは基本的に冷凍庫の代わりにはなりませんが、種類によっては一定の代用が可能です。

ただし、冷凍庫と同じ冷却効果を期待するのは適切ではないでしょう。

最終的に、クーラーボックスは一時的な解決策であり、その本質を理解することが大切です。

スポンサーリンク

クーラーボックスの中で冷凍したものはどれくらい持つのか?

クーラーボックスに冷凍したものを入れた場合、どの程度の時間、冷凍状態を維持できるのでしょうか?

以前にも触れましたが、クーラーボックスのタイプや素材によって持続時間は大きく異なります。

たとえば、ハードタイプのクーラーボックスは、ソフトタイプに比べて冷凍状態をより長く保持できます。

それでは、素材による持続時間の違いを見てみましょう。

【ソフトタイプのクーラーボックス】
アルミニウム製:約10~14時間
EVA製    :約11~15時間
ポリエチレン製:約12~16時間
ポリウレタン製:約15~19時間

【ハードタイプのクーラーボックス】
発泡スチロール製:約66~76時間
ポリウレタン製 :約82~96時間
真空断熱材製  :約88~126時間

これらの時間は目安であり、完全な冷凍状態を維持するのは難しいこともあります。

冷凍庫に近い効果を期待する場合は、高い保冷性能を持つクーラーボックスの選択が重要です。

驚くべきことに、氷が1週間溶けないクーラーボックスも存在します。

長期間にわたってクーラーボックスを冷凍庫代わりに使用したい場合は、そういった製品を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

クーラーボックスは冷凍庫として使えるのまとめ

クーラーボックスを冷凍庫の代わりに使うことは、特定の条件下では可能です。

しかし、多くのクーラーボックスは冷凍庫ほどの保冷効果はありません。

そのため、長期間にわたって冷凍庫の代替として使うのは難しいことがあります。

クーラーボックスの保冷性能は、種類や素材によって大きく異なります。

一般的に、ハードタイプのクーラーボックスはより優れた保冷性能を持っていますが、その保冷力も約4日間が限界です。

長期間クーラーボックスを冷凍庫の代わりに使う予定がある場合は、高い保冷力を持つ製品を選ぶことがおすすめです。

市場には、氷が1週間溶けないクーラーボックスもありますので、そういった製品を利用すると良いでしょう。

また、定期的に保冷剤や氷を追加できる場合、一般的なクーラーボックスでも十分な機能を発揮します。

タイトルとURLをコピーしました