PR

おせち料理に登場する不思議な食材「チョロギ」とは?

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

お正月に食べられるおせち料理には、赤い色の目を引く食材が含まれています。

その中には、一部の人には少し奇妙に感じられる「チョロギ」という食材があります。

このユニークな見た目をしたチョロギですが、一体何からできているのでしょうか。

植物なのか、それとも何かの生物なのか?

多くの人がこの食材の正体に興味を持っています。

そこで、今回は「チョロギが気持ち悪い」と感じる人たちに向けて、この不思議な食材の正体や食べ方についてご紹介します。

スポンサーリンク

チョロギの正体とは?

実はチョロギはシソ科の植物で、食用とされるのは主に根の茎部分です。

その特徴的な外見が「気持ち悪い」と感じられる原因の一つとなっています。

実際には、石蚕(いさご)という幼虫に似ていることから、【草石蚕(くさいさご)】という別名もあります。

私も初めて見たときは、虫かと思いました。

関西ではあまり知られていないチョロギ

チョロギは特にお正月によく食べられる食材です。

おせち料理の一部として提供されることが多く、この習慣は主に関東地方以北で見られます。

チョロギの栽培が盛んなのは東北地方で、特に岩手県が中心です。

北陸出身で関西で育った私は、実はまだ食べたことがありません。

最近、京都府や岡山県ではチョロギの栽培が盛んになり、関西地方でもその人気が高まっています。

年末年始には、スーパーでチョロギを見つけるのが楽しみの一つですね!

世界中で愛されるチョロギ

日本の一部地域でのみ食されているチョロギですが、実は世界中で愛されています。

特にフランスでは、チョロギを頻繁に食べる習慣があり、クリーム煮やサラダ、スープなど、様々な料理法で楽しまれています。

これは、フランス人がチョロギをどれだけ愛しているかを示しています。

アメリカでは、加熱するとほくほくとした食感になるチョロギを、じゃがいもの代わりにフライとして楽しむのが一般的です。

日本ではまだあまり普及していないチョロギですが、生産量が増え、多様な料理で楽しめるようになることが期待されています。

スポンサーリンク

おせち料理にチョロギが含まれる理由

おせち料理にチョロギが含まれるのは、縁起の良い食べ物とされているからです。

「長老喜」とはチョロギの漢字表記で、長寿を祝う意味があります。

これは新年を祝う料理として最適な選択とされています。

黒豆とチョロギの組み合わせの意味

おせち料理には、各段に特定の料理を配置するという習慣があります。

その中でも、チョロギはよく黒豆の隣に置かれることが一般的です。

この組み合わせには、黒豆が持つ「勤勉さを願う」意味と深い関連があります。

黒豆のそばにあるチョロギは「長寿」を象徴しており、これにより「長く健康に働けるように」という願いが強調されます。

おせち料理に込められた願いは強く感じられるものですが、新年を祝うにあたってこれほど縁起の良いことはないでしょう。

赤く染められたチョロギの意味

チョロギは本来白い色をしていますが、おせち料理で使われるチョロギは赤く染められることが多いです。

これには驚く人もいるかもしれません。

この赤い色は、梅酢やシソ酢を使って染められています。

赤色は古くから縁起の良い色とされており、特に祝い事では欠かせない色です。

チョロギを赤く染めることで、祝祭の雰囲気をより一層高める効果があるのです。

スポンサーリンク

チョロギのおいしい食べ方

チョロギは生で食べても安全です。

生の状態で食べると、シャキシャキとした食感と、生姜を思わせるような辛みが楽しめます。

しかし、生でそのまま食べるだけが最善とは限りません。

通常は梅酢やシソ酢で漬けて味わうことが多いです。

また、加熱して食べる方法もおすすめです。

シンプルな天ぷらは、意外と簡単に作れて、サクサクとした食感が楽しめます。お酒のつまみにもぴったりです。

大きめのチョロギは、炊き込みご飯にするのにも適しています。

見た目が気になる場合は、一口サイズに切ると食べやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ:チョロギは見た目は特異だが縁起の良い食材

漢字で「長老喜」と書かれるチョロギは、縁起が良く、お祝いの席でよく使われる食材です。

シソ科の植物の根で、酢漬けにするとそのシャキシャキとした食感が引き立ちます。

加熱しても美味しい食感が保たれます。

チョロギを特異な見た目だと感じる人もいるかもしれませんが、一度食べるとその魅力に惹かれることでしょう。

市場で見かけることは少ないですが、見つけたらぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました