PR

出汁を取った鶏ガラを再活用とは?おいしいリメイクレシピをご紹介‼

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

多くの方が出汁を取った鶏ガラを捨ててしまうことが普通ですが、実はこれをおいしく再活用する方法があります。

まず、鶏ガラを水、ネギ、ショウガと一緒に強火で30分から1時間煮込むことで、風味豊かな鶏ガラスープができあがります。

この鶏ガラスープは、水炊きの土台として使ったり、中華風スープにアレンジしたり、カレーの隠し味にもぴったりです。

さらに、他にも様々な使い道があります。

出汁を取った鶏ガラを捨てるのはもったいないですよ!

この美味しい部分を巧みに活用して、いろいろな料理を楽しむ方法をお伝えします。

スポンサーリンク

出汁を取った鶏ガラのおいしい再活用法とは?

出汁を取った鶏ガラを使った料理は、捨ててしまうには惜しいほどおいしいものが作れます。

まず、鶏ガラから残った肉を取り出し、サラダに加えてドレッシングで味付けすると、格別な一品になります。

また、この肉を生春巻きの具として使い、レタス、セロリ、ニンジンと一緒に巻いて、スイートチリソースやナンプラーで楽しむのもおすすめでこの方法なら、野菜もたくさん摂れて健康的です。

さらに、ピラフや雑炊、中華粥などにも、ほぐした鶏肉を加えると、風味豊かな一皿に仕上がります。

また、鶏ガラに直接塩を振ってシンプルに味わうのも良いですね。スープに加えると、さらに風味が増します。

スポンサーリンク

出汁を取った鶏ガラの丁寧な下処理の大切さとは?

出汁を取った鶏ガラをおいしくいただくためには、適切な下処理が欠かせません。

処理が不十分だと、生臭さが残り、食欲を減退させることになります。

この処理には少し手間がかかるかもしれませんが、その手間は美味しさに直結します。

まず、鶏ガラを熱湯で茹で始めます。

約5分茹でた後、その湯を捨て、新しい沸騰したお湯で再び茹でこぼしをします。

次に、鶏ガラを取り出し、内臓や血管、余分な脂を丁寧に取り除きます。

この時、軽く水洗いすることも大切ですが、洗いすぎると風味が失われるので注意が必要です。

特に内臓が残っている場合は、指で慎重に取り除くことが大切です。

これらが残ると、食べる時に不快な臭みが出ることがあります。

このように、丁寧な下処理をすることで、出汁を取った鶏ガラをより一層美味しく楽しめます。

手間を惜しまずに、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

出汁を取った鶏ガラを活用した料理のまとめ

出汁を取った鶏ガラは、価格も手ごろで、出汁の初心者にもピッタリです。

一度使ってみる価値は大いにあります。

もし茹でた後にまだ臭みが残るようであれば、もう一度煮込んでみるのが良いでしょう。

この鶏ガラから取れる肉は、さまざまな料理にアレンジできます。

自分だけのオリジナルレシピを作るのも面白いですね。

鶏ガラを茹でる際には、最初に下茹でをすると、内臓や余分な脂が取り除きやすくなります。

しかし、下茹でせずにそのまま煮込むと、スープに旨味がより移りやすくなるので、どちらの方法も試してみる価値があります。

タイトルとURLをコピーしました