PR

自宅で作るチーズ入りハンバーグの上手な作り方とは?チーズが漏れる原因と対策をご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

自宅でとろけるチーズを秘めたハンバーグを作ることは、レストランの味を家庭で再現する魅力的な試みです。

しかし、実際に作ってみると、中からチーズが漏れ出し、ハンバーグが空洞になってしまうことがあります。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

この記事では、チーズ入りハンバーグでチーズが漏れる原因と、おいしいハンバーグを作るためのコツを紹介します。

スポンサーリンク

自宅で作るチーズ入りハンバーグチーズが漏れる原因とは?

チーズ入りハンバーグでチーズが漏れる主な理由は、以下の二つです。

・ハンバーグの内部に空気が閉じ込められている
・調理中にハンバーグが崩れやすい

ハンバーグの内部に空気が閉じ込められている

肉、玉ねぎ、パン粉などを混ぜて作るハンバーグの生地は、成形する際に内部に空気が残りがちです。

調理中にこの空気が膨張し、最終的には生地が破裂してしまうことが、チーズが漏れる一因となります。

調理中にハンバーグが崩れやすい

チーズ入りハンバーグを焼く際、ハンバーグの構造が不安定だと、中からチーズが溢れ出ることがあります。

これは、ハンバーグの形成が不十分だったり、肉の混合物が柔らかすぎたり、焼き加減が不適切だったりすることが原因です。

チーズインハンバーグを上手に焼くためには、ハンバーグのしっかりした成形と適切な火加減での調理が重要です。

ここでは、チーズが漏れ出さないようにするための成形と焼き方のコツを詳しく解説します。

スポンサーリンク

自宅で作るチーズ入りハンバーグのチーズが漏れない作り方のコツとは?

チーズが漏れる原因を理解し、それを防ぐためのチーズインハンバーグの作り方のコツを4つ紹介します。

これらは小さなポイントですが、大切なので、ぜひ参考にしてください。

1. 玉ねぎは細かく刻む
2. チーズを加える前後でハンバーグの空気を抜く
3. 成形したチーズインハンバーグを焼く前に30分間冷蔵庫で休ませる
4. 最初に強火でチーズインハンバーグの外側をしっかり焼く

玉ねぎは細かく刻む

チーズインハンバーグを作る際には、玉ねぎを細かく刻むことが大切です。

私がチーズインハンバーグを作る時、チーズが漏れる原因は、玉ねぎの刻み方にありました。

以前は、細かく刻むのが面倒で、粗く刻んでいましたが、そのために成形時に玉ねぎが目立ち、肉の混合物から飛び出すことがありました。

また、焼く過程で玉ねぎの部分が崩れやすくなっていました。

理想的な刻み方は、約3mm角です。

玉ねぎを細かく刻むことで、ひき肉とよく混ざり、成形時に玉ねぎが飛び出すことがなくなります。

この方法により、チーズを含んだハンバーグが割れることなく、チーズが溢れ出るのを防ぐことができます。

さらに、細かく刻んだ玉ねぎに少量の薄力粉をまぶすことで、ひき肉との結合が良くなり、これがおすすめの方法です。

玉ねぎを加えることでハンバーグに甘みと深みが増しますが、刻むのが手間な場合は、玉ねぎを省略するのも一つの選択肢です。

玉ねぎを使わない方が、ハンバーグが割れる心配が少なくなります。

成形が難しい場合は、玉ねぎなしで試してみるのも良いでしょう。

チーズを加える前後でハンバーグの空気を抜く

チーズインハンバーグを作る際、内部に空気が残っていると、加熱時に空気が膨張し、ハンバーグが割れて中のチーズが流れ出る可能性があります。

チーズを加える前と後、2回に分けて丁寧に空気を抜くことが重要です。

空気を抜く作業は急ぐ必要はありません。

ゆっくりとハンバーグのタネを10回ほど上下に動かすことで、内部の空気を効果的に排出できます。

成形したチーズインハンバーグを焼く前に30分間冷蔵庫で休ませる

空気を抜いて形を整えたチーズインハンバーグは、すぐに焼きたくなる気持ちは理解できますが、少し待ってください。

この状態で冷蔵庫に入れて30分間休ませることが、チーズが流れ出ないように美しく焼くための秘訣です。

この休息時間を取ることで、ひき肉の脂分や玉ねぎの水分が均一になじみ、焼くときに形が崩れにくくなります。

人間が休息することで活動がスムーズになるのと同じように、チーズインハンバーグを休ませることで、焼き上がりがより良くなります。

この休息は冷蔵庫で行うことが重要です。

常温で放置すると、品質が損なわれる可能性があるため、注意が必要です。

最初に強火でチーズインハンバーグの外側をしっかり焼く

チーズインハンバーグを美味しく焼く方法はいくつかありますが、特におすすめするのは、最初に高温で外側をしっかりと焼く手法です。

この方法で外皮をしっかりと焼くことにより、中のチーズや肉汁が漏れ出るのを防げます。

特に、柔らかいタネを使用している場合、この焼き方が効果的です。

外側をしっかり焼いた後は、蓋をして蒸し焼きにするか、ソースで煮込むことで、中までしっかり火が通りますので、安心してください。

スポンサーリンク

チーズインハンバーグのおすすめレシピとは?

ここで、おすすめのチーズインハンバーグレシピをご紹介します!

この基本を押さえたレシピでは、隠し味に味噌を加えることで、チーズインハンバーグの風味を一層引き立てています。

キノコソースをふんだんに使ったこのレシピは、チーズインハンバーグに深みと豊かな味わいをもたらします。

また、卵がない場合でもマヨネーズで代用できるのが便利なポイントです。

スポンサーリンク

自宅で作るチーズ入りハンバーグの上手な作り方のまとめ

チーズインハンバーグでチーズが溢れる主な理由は、調理過程でハンバーグの形が崩れることにあります。

ハンバーグのタネに空気が混入している、成形が不十分、または焼き方の火力が適切でない場合、ハンバーグが崩れやすく、その結果、中のチーズが流れ出ることがあります。

適切に成形し、適切な火力で焼くことで、ハンバーグが崩れずに、最後まで美味しく保つことが可能です。

小さな工夫をするだけで、崩れにくいチーズインハンバーグを作ることができますので、ぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました