PR

ブールドネージュとスノーボールは似ているけれども異なる点とは? 起源や意味と簡単な作り方をご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

白くて球状の、目を引く外観のブールドネージュ。

このお菓子は、口に入れるとサクサクとした独特の食感が楽しめ、魅力的です。

しかし、外見は似ているものの、店舗や製品によってスノーボールと呼ばれることも珍しくありません。

ブールドネージュとスノーボールの違いについてですが、実はこれらは同じスイーツなのです。

では、なぜ異なる名前があるのでしょうか。

今回は、ブールドネージュとスノーボールの違いと、その背後にある歴史に注目してみましょう。

スポンサーリンク

ブールドネージュとスノーボールの違いは?

ブールドネージュとスノーボールの違いは、単に言語の違いによるものです。

ブールドネージュはフランス語で、スノーボールは英語で表されます。

ブールドネージュ(boule de neige):フランス語
スノーボール (snowball) :英語

どちらも「雪の球」という意味を持ち、同じお菓子を指していますが、名前が異なるだけです。

「雪の球」という名前が示す通り、白い粉糖をたっぷり使った見た目は、まるで新雪のようです。

通常のクッキーとは異なり、口の中でサクサクと崩れる独特の食感が特徴です。

スポンサーリンク

ブールドネージュとスノーボールの起源

ブールドネージュとスノーボールは、実は同じスイーツですが、異なる名称の背後には面白いエピソードがあります。

この話の中心には、スペイン原産の【ポルボロン(polvoron)】というお菓子が関わっています。

ポルボロンの海外進出と名前の変遷

ポルボロンは、スペインのアンダルシア地方の小さな町で生まれた伝統的なスイーツです。

特にクリスマスや新年などの祝祭日には、このお菓子がよく作られます。

ポルボロンが国際的に広まるにつれて、その特徴をより分かりやすく伝えるために、地域によって名前が変わっていきました。

砂糖をまぶした外見や、口の中でサクサクと崩れる食感が雪のような球体を思わせるため、フランス語で「雪の球」を意味するブールドネージュと、英語で同じ意味のスノーボールという名前がつけられました。

また、日本ではこのお菓子をブールドネージュやスノーボールと同様に、【ルシアンクッキー】と呼ぶこともあります。

これは、雪の多いロシアを連想させる名前で、私自身もこの名前にはあまり馴染みがなかったのですが、その由来は非常に興味深いものです。

ブールドネージュとスノーボール、丸くなくても大丈夫?

通常、ブールドネージュとスノーボールは球形であることが多いですが、元になるポルボロンは少し異なる形をしています。

ポルボロンは、作る際に型で成形したり、ナイフで切り分けたりすることで、焼き上がりが楕円形や四角形になることがあります。

「雪の球」という名前の由来は、見た目に由来しているのかな?と思い調べてみたところ、ポルボロンには「サクサクと崩れる粉」という意味があることが分かりました。

ブールドネージュとスノーボールが象徴する「雪の球」は、見た目だけでなく、口に入れた時のサクサクと崩れる食感が雪球が崩れる様子に似ている点も特徴です。

そう考えると、ブールドネージュとスノーボールが完全な球形である必要はないのではないかと思います。

確かに球形は見た目が可愛らしいですが、自家製で作る際には球状にする作業が意外と手間になります。

ポルボロンのように型で成形したり、四角く切る方法なら、作るのもずっと簡単です。

ブールドネージュやスノーボールをもっと手軽に作りたい場合は、ポルボロン風に生地を成形するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

ブールドネージュとスノーボールの簡単な作り方

このセクションでは、ブールドネージュとスノーボールを手軽に作る3つの方法を紹介します。

ポルボロンのレシピでは薄力粉を焙煎してサクサク感を出しますが、ブールドネージュとスノーボールでは薄力粉の焙煎は不要です。

これらのスイーツは大量に一度に作れるため、クリスマスやバレンタインデーなどのイベントで大量の手作りスイーツが必要な時にぴったりです。

アーモンド粉末を使ったブールドネージュ

細かく挽いたアーモンド粉末は、薄力粉と違ってグルテンが含まれていません。

このアーモンド粉末を使うことで、ブールドネージュはサクサクと軽い食感になり、アーモンドの風味が加わることでさらに美味しくなります。

ココア風味のブールドネージュ

ココアを練り込んだブールドネージュは、くるみを加えることでさらに美味しくなります。

レシピでは純ココアパウダーを使用しますが、ミルクココアを使う場合は砂糖の量を減らして調整すると良いでしょう。

オリーブオイルやサラダ油を使用するため、家にバターがなくても簡単に作れます。

きな粉を使ったスノーボールのレシピ

このレシピでは、アーモンドパウダーの代わりに香ばしいきな粉を使っています。

和風の味わいが新しく、通常のスノーボールよりもきな粉の方が私にはお気に入りです。

粉糖でコーティングするのも良いですが、きな粉を使うことで風味が増し、より美味しくなります。

スポンサーリンク

ブールドネージュとスノーボールの違いについてのまとめ

ブールドネージュとスノーボールの主な違いは、それぞれの名前の由来にあります。

ブールドネージュはフランス語、スノーボールは英語で、どちらも「雪の球」という意味を持っています。

これらは、スペインのポルボロンというお菓子が世界中に広まる過程で名前が変わったものです。

どちらの名前もあまり馴染みがないかもしれませんが、粉糖で覆われた白い見た目を見れば、どんなお菓子かすぐにわかるでしょう。

ブールドネージュやスノーボールは、口の中でサクサクと崩れる食感が特徴で、まるで雪の球が崩れるような感じです。

家庭でも簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました