PR

チョコバリとブラックモンブランが似てるのはなぜ?どちらがオリジナルなのか調査!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

チョコバリと九州発のブラックモンブランは、見た目や味が似ているアイスクリームです。

これらのアイスについて、「どちらがオリジナルで、どちらが模倣なのか?」または「どちらが先に誕生したのか?」という疑問を持つ人は多いでしょう。

では、実際にチョコバリとブラックモンブランのどちらがオリジナルなのでしょうか?

スポンサーリンク

チョコバリとブラックモンブランはどちらが最初に登場したのか?

この疑問に答えるためには、どちらが先に市場に登場したかを見ることが重要です。

その点で言えば、ブラックモンブランがチョコバリよりも先に発売されています。

ブラックモンブランの由来とは?

1969年、佐賀県に本拠を置く竹下製菓から、革新的なアイスクリーム「ブラックモンブラン」が市場に導入されました。

このアイスクリームは、竹下製菓の創業者、竹下小太郎氏のヨーロッパ旅行がきっかけで生まれました。

彼はアルプス山脈を訪れ、特に有名なモンブランの山頂を目にした際、雪を覆う山にチョコレートをかけたらどんな味になるかと想像し、そのアイデアがブラックモンブランの誕生につながりました。

このアイスクリームは、ケーキのモンブランとは直接的な関連はないものの、その名前が連想させる豪華さを体現しています。

1969年当時、市場には色付きの水に甘味料を加えたシンプルなアイスキャンデーが主流でしたが、ブラックモンブランはこの常識を覆しました。

バニラアイスにチョコレートコーティングを施し、さらにクッキークランチを加えることで、当時としては非常に豪華なアイスクリームとして登場し、子供たちに新鮮で斬新な味わいを提供しました。

チョコバリの由来とは?

1971年、大阪を拠点とする菓子製造の老舗、林一二社がチョコバリを市場に投入しました。

このアイスクリームは、バニラフレーバーの中身をチョコレートでコーティングし、さらに独特のサクサク感を出すためにクランチを加えたものです。

チョコバリの開発経緯は詳しく記されていないものの、長年にわたって多くの人々に愛されています。

なお、チョコバリが登場する前の1969年には、ブラックモンブランというアイスが市場に出ていました。

スポンサーリンク

チョコバリはブラックモンブランの影響を受けたか?

ブラックモンブランがチョコバリよりも先に誕生したことは確かですが、チョコバリがブラックモンブランを模倣したという証拠はありません。

ブラックモンブランは、関東では2010年に東京のサミットストアで、関西では2011年にセブンイレブンで販売が始まりました。

これに対して、チョコバリは1971年に既に市場に出ていたことから、直接的な影響関係は不明です。

多くの方がご存じないかもしれませんが、ブラックモンブランは九州地方で特に人気のあるアイスクリームで、地元の特産品として現在も愛されています。

1971年にチョコバリが市場に登場した際、ブラックモンブランが九州限定で販売されていることはあまり知られていなかったようです。

ブラックモンブランは1969年に発売され、その約2年後の1971年にはチョコバリが登場しました。

この二つの製品の発売時期が非常に近いことから、チョコバリがブラックモンブランの模倣品というよりは、似たコンセプトの製品が偶然似通ってしまった可能性も考えられます。

スポンサーリンク

ブラックモンブランとチョコバリの類似性についてのまとめ

ブラックモンブランはチョコバリの登場よりも先に市場に出ていました。

しかし、ブラックモンブランが九州限定での販売だったことと、両製品の発売時期が近いことを考慮すると、これらが似ているのは単なる偶然の可能性が高いです。

タイトルとURLをコピーしました