PR

飛行機の窓が曇らない理由とは?暗くなる機能についても解説!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

多くの人々が、旅行やビジネスで飛行機を利用する際、高空から見える景色の美しさに感動することがあります。

しかし、その際、飛行機の窓がほとんど曇らないことに気付いたことはありますか?

また、一部の飛行機には窓が暗くなる機能が備わっていますが、その理由は何でしょうか?

ここでは、飛行機の窓が曇らない理由と、窓が暗くなるメカニズムについて解説します。

スポンサーリンク

飛行機の窓が曇らない理由とは?

飛行機は大きな高度差を経て移動するため、外の気温は大きく変化します。

通常、このような温度差があると窓が曇ることが考えられますが、飛行機の窓は曇りません。

これは、窓がアクリル樹脂製であるためです。

アクリル樹脂は熱伝導率が低く、ガラスと比べて熱を伝えにくいため、曇りにくい性質を持っています。

しかし、それだけでは外の厳しい温度差に完全に対応することは難しいです。

そこで重要になるのが、「ブリーザーホール」と呼ばれる小さな穴の役割です。

飛行機の窓の下部に設けられたこの小さな穴は、内部と外部の圧力バランスを保ち、結露を防ぐことで窓が曇るのを防いでいます。

飛行機の窓は外層、中層、内層の三層構造となっており、各層の間には空気層が設けられています。

もし窓が一枚だけだと、気温の差によって窓が曇る原因となる結露が発生しますが、窓が複数層になっており、さらに小さな穴が開けられているため、機内の暖かい空気が流れて窓の内外の温度差を調整し、結露を防ぐことができます。

これらの小さな穴は、圧力の調整にも重要な役割を果たしています。

スポンサーリンク

飛行機の窓が暗くなる理由やその機構について

通常、飛行機の窓には太陽光を遮るブラインドが設けられています。

特に昼間、雲の上を飛ぶときには外からの光が非常に強いため、ブラインドが必要となります。

しかし最近の飛行機では、ブラインドを省略し窓自体を暗くする技術が採用されている機体もあります。

この技術には、電子的に制御可能なエレクトロクロミック材料を使用した航空機専用のシステムが用いられており、外から見ても通常の窓と変わらないにも関わらず、暗くなる様子が非常に印象的です。

少し難しいお話ですが、内窓には透明な電極が施された透明板が使われており、その間にはエレクトロクロミックジェル(以下「ジェル」と表記)が封入されています。

この窓に電流を流すことで、ジェルが反応し、窓の透明度が調整されます。

ジェルは電気的な刺激に反応して状態を変える特性を持っており、スイッチ操作で電流が流れるたびにジェルの色が徐々に変わります。

スポンサーリンク

まとめ

航空機の窓は一般的な窓と異なり、特殊な構造をしています。

窓は複数層で構成され、ブリーザーホール(またはブリーダーホール)と呼ばれる小さな通気孔があります。

この特別な構造によって窓が曇るのを防いでいます。

特にブリーザーホールは、内部の気圧を適切に調整する重要な役割を果たしています。

また、遮光用のブラインドが装備された航空機もありますが、最近では窓自体が暗くなる機能を持つ航空機が増えています。

これは特殊なジェルを使用した内窓を利用し、電流を流すことで暗くなる機能があります。

航空機の窓には、多様な先進技術が用いられています。

タイトルとURLをコピーしました