PR

深夜1時、別名「25時」の謎 !! この表現が生まれた背景を調査

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

インターネットのニュースやテレビの番組表で「25時からスタート!」というフレーズを見かけることがありますね。

「25時って、実際には何時なの?」と思ったことはありませんか?

私も最初は、「25時や27時って、具体的にどの時間帯?」と首を傾げていました。

この表現を初めて目にしたときは、すぐには意味が分からなかったのですが、今ではよく耳にする言葉です。

では、「25時」とは何を指し、一日はいつまで続くのでしょうか。詳しく解説します。

スポンサーリンク

深夜1時の別名「25時」 はどのようにして生まれた?

想像どおり、「25時」とは深夜1時を指します。

多くの人は深夜0時を24時と考えますが、25時という表現はそれほど一般的ではないかもしれません。

日常では、一日は24時間という認識が普通です。23時が過ぎると、次は0時、1時、2時と続き、新しい日が始まるとされています。

これは24時間制という時間の計算方法で、ほとんどの人がこのシステムに従っています。

特定の職業、特に夜間勤務を行う場合、12時間制を基に時間が区切られることがあります。

このシステムでは、時間は午前0時から11時、そして12時から23時までに分けられます。

長期間このスケジュールに従うと、通常の時間感覚との違いに戸惑うことがあります。

特に放送業界では、「25時」や「26時」といった独特の時間表現が一般的です。

これらはテレビやラジオの分野でよく使われる業界特有の用語です。

普段はこれらの表現を使うことはありませんが、「25時」が深夜1時を意味することはすぐに理解できます。

日常生活ではあまり使わないものの、知っておくと便利な知識です。

スポンサーリンク

深夜の時間の数え方とは?26時は何時で27時は?

午前0時が「24時」と等しいと理解すれば、残りは簡単です。

24の次は25なので、「25時」は1時、「26時」は2時を意味します。

このロジックに従うと、「27時」は深夜3時に相当します。

私も時々「27時」が何時かを思い出すために、深夜0時の「24時」から数え直します。

日常生活でこれらの表現を使うことはほとんどありませんが、深夜の番組スケジュールで「25時」や「26時」といった表記を見ることがあります。

このような時に、時間を計算することがあります。

知っておくと、必要な時に役立つ知識ですね!

スポンサーリンク

放送分野における独特の時間表記

放送業界では、深夜1時を「25時」と称することがあります。

この表記は、いつまで適用されるのかという疑問がよくあります。

一般的には、深夜3時、すなわち「27時」までが普通だと考えられています。

それ以上の時間に起きていることは少なく、その時間帯を指すこともほとんどありません。

しかし、放送業界では30時間制を採用しており、午前6時が1日の終わりとされ、「30時」と表現されます。

「28時」以降の表記は一般にはあまり聞かれませんが、放送関係者には日常的な用語です。

朝4時や5時から始まる番組もあるため、この業界ではこのような時間表記が必要とされています。

この特殊な時間表記は、時間の誤解を避けるために導入されたものです。

例えば、「3時」と言われた場合、それが午前か午後かの区別がつかないこともあり、人によっては解釈が異なるためです。

スポンサーリンク

深夜1時、別名「25時」の謎のまとめ

私たちは通常、24時間制を使用して時間を判断します。

これは、午前3時を3時、午後3時を15時と表現する方法です。

しかし、特定の業界では、この時間の表し方が混乱を招くことがあり、理解が難しい場合もあります。

例えば、30時間制を採用している分野では、25時や27時といった表現が一般的です。

私自身は24時間制の中で生活しているため、このような時間表現には馴染みがありませんが、様々な業界が存在し、それぞれの時間の捉え方があることは興味深いです。

放送業界など、夜間に活動する業界では30時間制が普通に用いられています。

直接使う機会がなくても、この知識を持っておくと便利です。

タイトルとURLをコピーしました