PR

2センチってどれくらい?日常にあるアイテムでサイズを確認!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ここでは、日常生活で見つけた2センチを測る方法を紹介します。

スポンサーリンク

2センチってどれくらい?

家に測定用の道具がないときに、身近なもので2センチがどのくらいかを簡単に測定する方法を解説します。

意外と知られていないかもしれませんが、手元にある硬貨を使って、以下のように簡単に2センチを測ることができます。

・1円玉の直径
・5円玉の直径
・50円玉の直径
・100円玉の直径

それぞれの硬貨のサイズを順に見ていきましょう。

1円玉の直径

1円玉の直径は2センチメートルで、これを使うことで簡単に2センチメートルを測定することができます。

また、1円玉の重さは1グラムなので、小さな物の重さを測るのにも便利です。

少量の1円玉を持っていると役立つことがあります。

1円玉のサイズを覚えておくと便利です。

5円玉の直径

5円玉は、お守りとして家に置かれることやお賽銭として使われることがあります。

この硬貨の直径は2.2センチメートルで、2センチメートルより少し大きいですが、大体2センチメートルの測定に役立ちます。

50円玉の直径

50円玉の直径は2.1センチメートルで、約2センチメートルの測定に適しています。

5円玉よりも50円玉の方がわずかに小さいため、2センチメートルの測定には50円玉の方が若干正確です。

100円玉の直径

よく使われる100円玉の直径は2.26センチメートルで、自動販売機や駐車場の料金、町内会費など様々な場面で使用されます。

5円玉や50円玉と比べると少し大きく、2センチメートルの測定よりもやや大きめです。

スポンサーリンク

硬貨を何枚積み上げると2cmになる?

硬貨を積み重ねて2cmの高さにする方法を詳しく説明します。硬貨の厚みは次の通りです。

1円・5円・10円:1.5mm
50円・100円:1.7mm

1円、5円、10円の硬貨を使用する場合、13枚重ねることで約2cmの高さになります。

1.5mm × 13枚 = 19.5mm = 1.95cm

一方、50円や100円の硬貨を使うと、12枚で約2cmです。

1.7mm × 12枚 = 20.4mm = 2.04cm

このような活動は、子どもたちに物の寸法についての理解を深めさせる良い機会にもなります。

2cmってどれくらいの感覚なの?

日常生活で2cmの長さをどのように感じるか、いくつかの例を挙げて考えてみましょう。

例えば、「2cmの積雪」というのは天気予報でよく聞く表現です。

このセクションでは、私たちの周囲で体感する2cmの具体的な例に焦点を当てて解説します。

スポンサーリンク

まとめ

2cmの長さは想像しやすいかもしれませんが、正確に測るには測定道具が必要です。

スマートフォンのアプリを使った測定方法もありますが、その精度については疑問がある場合もあります。

しかし、よく知っている硬貨の厚みを利用することで、定規やメジャーなしで2cmを測定することが可能で、これは非常に便利です。

家にある1円玉などを使って、楽しみながら正確な長さを測ることができます。

タイトルとURLをコピーしました